『ストリクスヘイヴン』チャンピオンシップ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

『ストリクスヘイヴン』チャンピオンシップ/Strixhaven Championshipは、2021年Magic: The Gathering Arenaを用いてオンラインで行なわれた、スタンダードヒストリックチャンピオンシップ

目次

[編集] 概要

スタンダード部門の使用率は、『カルドハイム』チャンピオンシップに引き続きスゥルタイ根本原理が21.2%で首位となり、イゼット・ドラゴンが16.4%、ナヤ・アドベンチャーが9.2%と続いた[1]

ヒストリック部門の使用率は、イゼット・フェニックスが35.2%でダントツでのトップとなり、ジェスカイ・ターンが18.0%、ジェスカイ・コントロールが9.6%と続いた[2]

トップ8には、スタンダードは7つのアーキタイプが残った一方、ヒストリックは3強デッキがトップ8を占め、すべてのデッキが渦まく知識/Brainstormを採用していた。上位4人をジェスカイ・ターンが独占し、Sam Pardeeが優勝を果たした。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

順位 プレイヤー名 スタンダードの使用デッキ ヒストリックの使用デッキ
優勝 Sam Pardee 赤単アグロ ジェスカイ・ターン
準優勝 John Girardot ティムール・アドベンチャー ジェスカイ・ターン
第3位 Matt Sperling スゥルタイ根本原理 ジェスカイ・ターン
第4位 Logan Nettles ナヤ・アドベンチャー ジェスカイ・ターン
第5位 David Inglis ジェスカイ変容 イゼット・フェニックス
第6位 Matti Kuisma ジェスカイ変容 イゼット・フェニックス
第7位 Seth Manfield イゼット・ドラゴン ジェスカイ・コントロール
第8位 Raphaël Lévy グルール・アドベンチャー ジェスカイ・ターン

[編集] 賞金

賞金額はすべてUSD。

順位 賞金
1 15,000
2 11,000
3 8,500
4 6,500
5-6 4,500
7-15 3,000
16-37 2,000
38-66 1,000
67-96 750
97-250 500
総額 250,000

[編集] 脚注

  1. Strixhaven Championship Standard Metagame Breakdown/『ストリクスヘイヴン』チャンピオンシップ メタゲームブレイクダウン(スタンダード)
  2. Strixhaven Championship Historic Metagame Breakdown/『ストリクスヘイヴン』チャンピオンシップ メタゲームブレイクダウン(ヒストリック)

[編集] 参考

2020年-2021年シーズン
世界選手権 世界選手権
チャンピオンシップ ゼンディカーの夜明け - カルドハイム - ストリクスヘイヴン
リーグ・ウィークエンド ゼンディカーの夜明け - カルドハイム - ストリクスヘイヴン
ガントレット MPL - ライバルズ - チャレンジャー
その他 マジック・プロリーグ - ライバルズ・リーグ - 日本選手権20( - - ファイナル) - 日本選手権21(SEASON1 - SEASON2
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-20052006200720082009201020112012201320142015201620172018201920202020-2021
QR Code.gif