緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Green Sun's Zenith / 緑の太陽の頂点 (X)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから点数で見たマナ・コストがX以下の緑のクリーチャー・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。緑の太陽の頂点をオーナーのライブラリーに加えて切り直す。


の頂点は緑のクリーチャー専用のサーチで、サーチしたクリーチャーを直接戦場に出すことができる。

即効性のあるサーチという魅力的な効果。特定のキーカードを水増ししたり、様々なクリーチャーを1枚挿ししてシルバーバレット戦術を組んだりといった使途が考えられる。ライブラリーに戻るので何度も使い回しが利くため、マナ・クリーチャーを呼び出してマナ加速をしたり、適当に戦力を戦場に追加したりに序盤から積極的に使っても特に損はしない。

登場時のスタンダードには、ライブラリーからクリーチャーを戦場に出す呪文として他に起源の波/Genesis Wave召喚の罠/Summoning Trapがあるが、これらと比べると確実に目当てのクリーチャーが手に入るのが強み。反面、緑のクリーチャーに限定されている欠点はあるが、色の役割的にクリーチャーの質も量ももっとも充実しているであるため大きな問題にはなりにくいだろう。

緑がらみのデッキならほぼすべて相性がよいが、X呪文であることもあり、膨大なマナを生み出せるデッキで特に有効。登場時のスタンダードでは赤緑ヴァラクートをさらに強化し、その後もターボランド系の赤緑コントロールを支えている。いずれの場合も最も強力な相方は原始のタイタン/Primeval Titan

カードプールが広いエターナルではさらに汎用性が高まる。X=0でドライアドの東屋/Dryad Arborを持ってくることができ、ラノワールのエルフ/Llanowar Elvesのごとく扱える。もちろん素直にタルモゴイフ/Tarmogoyf聖遺の騎士/Knight of the Reliquaryといった強力軽量クリーチャーを出したり、ガドック・ティーグ/Gaddock Teegクァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage漁る軟泥/Scavenging Oozeといった尖った性能のクリーチャーでシルバーバレット戦術を行ったりと多様な戦術が考えられる。→ Maverick

リミテッドでも緑のクリーチャーが5枚くらい取れているなら十分採用圏内。アンコモン以上の強力カードを実質水増しできる。

モダンでは、マナ加速、シルバーバレット、切り札サーチのどれにも使用可能と言う多様性から「緑デッキならすべてに入る」と言う状態に陥っていたため、2011年10月1日より禁止カードに指定される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディン包囲戦頂点サイクル。いずれもマナ・コストXを含み、解決の際にライブラリーに戻る。

[編集] 参考

QR Code.gif