スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Skyclave Apparition / スカイクレイブの亡霊 (1)(白)(白)
クリーチャー — コー(Kor) スピリット(Spirit)

スカイクレイブの亡霊が戦場に出たとき、あなたがコントロールしておらずマナ総量が4以下で土地でもトークンでもないパーマネント最大1つを対象とする。それを追放する。
スカイクレイブの亡霊が戦場を離れたとき、その追放されたカードのオーナーは青のX/Xのイリュージョン(Illusion)・クリーチャー・トークン1体を生成する。Xは、その追放されたカードのマナ総量に等しい。

2/2

戦場に出たとき、マナ総量が4以下のパーマネント追放し亡霊にしてしまう、放逐する僧侶/Banisher Priest系統のコースピリット

放逐する僧侶と比べてマナコストやサイズは全く同じでありながら、高い汎用性を得た優秀な除去クリーチャー。そちらと同じくダブルシンボルを捻出できないと活躍が安定しない点は注意が必要。拘留代理人/Deputy of Detentionのように土地以外どの種類のパーマネントにも対応するが、このカードはトークンを消す事ができない。この手のカードのほとんどは戦場を離れると追放したパーマネントがまた戻ってくるものだが、その代わりに同等のマナレシオを持ったイリュージョントークンを渡すというデザインになっており、「追放したパーマネントは永遠に戻ってこない」というエターナル宮殿の看守/Palace Jailerにもない強力な特性を持つ。

4マナ以下という制限も絶妙に実用性のある範囲設定で、それ以下のみで完結したデッキの方がむしろ環境で多数派である事は少なくない。相手の戦略に幅広く対応可能で、特にコンボエンジンになっているアーティファクトエンチャントを実質無力化できる事と、4マナ以下のプレインズウォーカーを即退場させられる事は優秀。クリーチャー・タイプシナジーが多いスピリットであり、ロード強化を受ければそこそこの打点を持つ事も拘留代理人にはないポイントである。

登場直後からスタンダードは元よりパイオニアモダンでもいデッキ全般で採用が見られる。

  • 意図的かは定かではないが、昨今のスタンダードではあまりにも多い禁止の憂き目に遭う3~4マナのエンチャントやプレインズウォーカーへの安全弁になり得るようなデザインをしている。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif