石の宣告/Declaration in Stone

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Declaration in Stone / 石の宣告 (1)(白)
ソーサリー

クリーチャー1体を対象とする。それと、それのコントローラーがコントロールするそれと同じ名前を持つ他のクリーチャーをすべて追放する。そのプレイヤーは、これにより追放されたトークンでないクリーチャー1体につき1回調査を行う。


に時々現れる、何かと引き換えにクリーチャーを問答無用で追放できる除去呪文。これは手掛かりを与える。また、同名のクリーチャー全ても道連れにする。

2マナにして墓地利用やPIG能力誘発すら許さない除去は極めて強力。手掛かりを与えるのは1ドローを与えているに等しいが、マナがかかるため少なくともテンポ面ではそれほどひどいアドバンテージ損には至らない。同名クリーチャーが並びがちなトークン戦略に対しては確定かつ全体除去に等しい効果を発揮してくれる。

アドバンテージを与える軽量確定除去ということで、ブロッカーを排除しカード・アドバンテージを他のアドバンテージに変えられる前にゲームを終わらせることができるウィニーデッキに向いている。一方、そのアドバンテージをこそ重視するコントロールデッキにおいては、ようやく一掃したと思った戦場に後続を与えてしまうことになるため、見た目以上に使いづらい。前述したトークン戦略に対しては投入できるが、それならば他のアグロデッキにも効果的な単体除去と全体除去を組み合わせたほうがよいだろう。

スタンダードでは緑白トークン対策にサイドボードに積まれることが多い。カラデシュ・ブロック参入後も、黒緑昂揚黒赤マッドネスなど追放除去が有効なデッキが存在するため、メインやサイドに停滞の罠/Stasis Snareと共に散らされて採用される。アモンケット・ブロック期ではトークンで攻めるアグロゾンビデッキ対策に使用される。

[編集] ルール

  • 対象となるクリーチャーは1体のみである。それと同じ名前を持つ他のクリーチャーは対象ではない。たとえば、呪禁を持つクリーチャーであっても、石の宣告により対象となったクリーチャーが同じ名前であれば、追放される。
  • 石の宣告の解決時に、対象としたクリーチャーが不適正な対象であったなら、それは打ち消され、その効果は一切発生しない。対象となったクリーチャーも、それと同じ名前のクリーチャーも追放されない。もちろん調査も行われない。
  • クリーチャーとクリーチャーでないパーマネントが同じ名前を持つことがあり得る。たとえば同じ名前の土地が戦場に2つあって、そのうち一方が土地・クリーチャーになった場合などが該当する。対象と同じ名前を持っていても、石の宣告によって追放されるのはクリーチャーのみである。
  • タルキール龍紀伝大変異能力によって唱えられたものなど、裏向きのクリーチャーには名前がない。それが他のクリーチャーと同じ名前を持つことはあり得ない。
  • トークンの名前は、そのトークンが何かのコピーである場合とそれを生み出した効果によって指定された場合を除いて、そのトークンが生み出されたときのそれのサブタイプと同じである。

[編集] 参考

QR Code.gif