未達への旅/Journey to Nowhere

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Journey to Nowhere / 未達への旅 (1)(白)
エンチャント

未達への旅が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
未達への旅が戦場を離れたとき、その追放されたカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。


クリーチャー限定の忘却の輪/Oblivion Ring。忘却の輪よりも1マナ軽い

平和な心/Pacifismと同様に、軽い割られる可能性のある除去システムクリーチャーも止められるのは平和な心にない利点であり、リミテッドでは非常に優秀。トークンに対しては完全な除去になる。

強力な除去である流刑への道/Path to Exileと忘却の輪が前のブロックに存在するのが痛いところだったが、それらが落ちた後はスタンダード青白コントロール単体除去の候補の一つとなった。同じ除去の糾弾/Condemn失脚/Oustとは一長一短なので、上手く使い分けたい。

Pauperでは白の最有力除去として白いデッキ全般で使用される。上記のライバル達の内忘却の輪以外はコモンでないため使えず、またPauperではクリーチャー以外のパーマネントを除去したいと言う場面が少ないため、忘却の輪よりも軽いこちらが優先される。

[編集] 参考

QR Code.gif