太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Heliod, Sun-Crowned / 太陽冠のヘリオッド (2)(白)
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

破壊不能
あなたの白への信心が5未満であるかぎり、太陽冠のヘリオッドはクリーチャーではない。
あなたがライフを得るたび、あなたがコントロールしている、クリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
(1)(白):他のクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは絆魂を得る。

5/5

テーロス還魂記ヘリオッド/Heliodクリーチャー絆魂を与え、さらにライフを得るたびに+1/+1カウンター強化するクリーチャー・エンチャント

今回はとして成功例の多い3マナ5/5のボディで登場。アグロでも使用しやすく大抵の追放除去を食らってもテンポ負けしない軽さで使いやすい。ライフを得るたびにクリーチャーエンチャントに+1/+1カウンターを乗せる事ができ、2マナでターン終了時まで絆魂を付与する起動型能力とで自己完結している。素直に絆魂持ちのウィニーアジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemateから繋げるライフゲイン戦略が十分に強力。

他方、+1/+1カウンターを起動コストにするカードと組み合わせて、非常に多くの無限コンボが考え得るカードでもある。登場時スタンダードでは水底の生術師/Benthic Biomancer光り角の海賊/Glint-Horn Buccaneerと組み合わせたライブラリーの枚数分ダメージコンボモダンではスパイクの飼育係/Spike Feederとで無限ライフコンボなど枚挙に暇がない。最も有名なのはモダン以下のフォーマットで可能な歩行バリスタ/Walking Ballistaとのコンボで、それぞれのカードパワーが単体でも高めで2枚で即死まで行く汎用性から登場直後のパイオニアではメタゲーム上で存在感を見せ続けていたものの、歩行バリスタ/Walking Ballistaのフォーマット禁止指定でこのギミックはモダン以下限定となった。

リミテッドでは文句なしのボムレア。絆魂付与+強化がたった2マナという性質自体がゲームエンド級で、これ1枚だけでに目配せる意義を生む凶悪な1枚。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス還魂記サイクル伝説のクリーチャー・エンチャントで、各に1枚ずつと多色に2枚存在する。破壊不能を持ち、対応する色への信心が一定数(単色は5、多色は7)未満になるとクリーチャーではなくなる。稀少度神話レア

[編集] ストーリー

ゼナゴス/Xenagosの神格化とを目の当たりにして、の脆さを思い知ったヘリオッド/Heliod。万神殿/Pantheonにおける自らの地位を確かなものとすべく、ダクソス/Daxos亜神へと作り変え、他の神々の痕跡を消し去るよう命じる。

詳細はヘリオッド/Heliodを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif