放逐する僧侶/Banisher Priest

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Banisher Priest / 放逐する僧侶 (1)(白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

放逐する僧侶が戦場に出たとき、対戦相手1人がコントロールするクリーチャー1体を対象とし、放逐する僧侶が戦場を離れるまでそれを追放する。(そのクリーチャーはオーナーのコントロール下で戦場に戻る。)

2/2

自分が倒れるまでクリーチャー1体を封印するクレリック

悪鬼の狩人/Fiend Hunterと比べると、自分コントロールするクリーチャーを追放できない点や明滅による確定除去コンボができない点で劣るが、強力な能力であることには変わりない。ビートダウンデッキに組み込みやすい擬似除去としての活躍が期待できる。パワーが1しかない悪鬼の狩人とは異なり、アタッカーとして最低限のパワーを持つことも嬉しい要素だろう。

[編集] ルール

  • 追放されたパーマネントにつけられているオーラは、そのオーナー墓地に置かれる。 追放されたパーマネントにつけられている装備品は、つけられていない状態になって戦場に残る。 追放されたパーマネントの上に置かれているカウンターは消滅する。それらは戦場に戻っても元の状態に戻ることはない。
  • トークンが追放された場合、それは状況起因処理で消滅する。 それは戦場には戻らない。
  • 能力の解決時に放逐する僧侶が既に戦場を離れていた場合、クリーチャーは追放されない。
  • 放逐する僧侶が戦場を離れた直後に、追放されていたクリーチャーは戦場に戻る。これは忘却の輪のように誘発型能力ではなく、また間に状況起因処理なども挟まない。この際、放逐する僧侶と追放されていたクリーチャーが同時に戦場に存在するタイミングはない。また複数の放逐する僧侶が同時に戦場を離れた場合、追放されていたクリーチャーは同時に戦場に戻る。
    • たとえば、戻されるクリーチャーがクローン/Cloneであった場合、それは放逐する僧侶のコピーとして戦場に戻ることはできない。
  • 能力が解決されれば、放逐する僧侶が能力を失っていたり他のオブジェクトコピーになっている間に放逐する僧侶が戦場を離れても、追放されていたクリーチャーは戦場に戻る。
  • 多人数戦で放逐する僧侶のオーナーゲームを離れた場合、追放されたクリーチャーは戦場に戻る。カードを戻す単発的効果スタックに置かれる能力ではないため、それはスタック上にある離れたプレイヤーの呪文や能力と共に消滅はしない。
  • 統率者であるクリーチャーを追放する場合、それのオーナーはそれを追放する代わりに統率領域に置くことができる。その場合でも、放逐する僧侶が戦場を離れればそのクリーチャーは戦場に戻る。

[編集] 関連カード

「放逐」能力を持つ白のクリーチャー。特筆しない限り対戦相手のクリーチャー1体を追放し、能力は強制。

同様の能力を持つエンチャント払拭の光/Banishing Lightを参照。

[編集] 注釈

  1. Magic 2014 Update Bulletin(Feature 2013年7月12日)
  2. メカニズム的カラー・パイ 2017年版(Making Magic 2017年6月5日
  3. 『破滅』の情報 その1(Making Magic 2017年7月3日)
  4. March Through May FNM Promo Update/3月、4月、5月のフライデー・ナイト・マジック プロモカード(Feature 2014年3月3日)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20181005.0


QR Code.gif