訓練

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
訓練/Training
種別 誘発型能力
登場セット イニストラード:真紅の契り
CR CR:702.149

訓練(くんれん)/Trainingは、イニストラード:真紅の契りで初登場したキーワード能力。それを持つクリーチャー攻撃することで誘発する誘発型能力である。


Savior of Ollenbock / オリバクの救済者 (1)(白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

訓練(このクリーチャーが、これより大きなパワーを持つ1体以上のクリーチャーと攻撃するたび、このクリーチャーの上に+1/+1カウンター1個を置く。)
オリバクの救済者が訓練をするたび、あなたは戦場にありこれでないクリーチャーや墓地にあるクリーチャー・カードのうち最大1つを対象とする。それを追放する。
オリバクの救済者が戦場を離れたとき、それらの追放されているカードをオーナーのコントロール下で戦場に出す。

1/2

[編集] 定義

訓練/Trainingは、「このクリーチャーが、これより大きなパワーを持つ1体以上のクリーチャーと攻撃するたび、このクリーチャーの上に+1/+1カウンター1個を置く。」を意味する。

クリーチャー1体が複数の訓練を持つなら、それらはそれぞれ個別に誘発する。

「クリーチャーが訓練をするたび」とは、「訓練能力が解決されこのクリーチャーの上に+1/+1カウンターが置かれるたび」を意味する。

[編集] 解説

より強いクリーチャーと共に戦うことでクリーチャーが成長することを表すキーワード能力。

イニストラード:真紅の契りでは人間メカニズムとされ、緑白に割り当てられた。また同セットには、+1/+1カウンターを参照するカードも複数存在する(WHISPERを検索)。

Innistrad: Double Featureでは集会と同居するが、訓練はパワーが横並びになりやすく相性は悪い。

  • 教導とは対になるデザインであり、実際教導を元にデザインされた。[1]

イニストラード:真紅の契りの時点では、エンチャント装備品も含め、クリーチャーに対し新たに訓練を与える呪文能力は存在しない。そのあたりも教導に似ているといえる。

[編集] ルール

  • 誘発したなら、解決までにパワーの大きいクリーチャーがすべて戦場から離れたり、誘発させた時点からパワーが他のクリーチャーを上回ったとしても+1/+1カウンターは置かれる。
  • アダントの先兵/Adanto Vanguardのように攻撃クリーチャーとなることでパワーが変化するなら、それを加味した上で誘発するか決まる。

[編集] 脚注

  1. 『契り』から その2(Making Magic 2021年11月8日)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20220708.0

QR Code.gif