払拭の光/Banishing Light

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Banishing Light / 払拭の光 (2)(白)
エンチャント

払拭の光が戦場に出たとき、対戦相手1人がコントロールする土地でないパーマネント1つを対象とし、払拭の光が戦場を離れるまでそれを追放する。(そのパーマネントはオーナーのコントロール下で戦場に戻る。)


忘却の輪/Oblivion Ringリメイク能力放逐する僧侶/Banisher Priestと同じ書式になり、また対戦相手パーマネントしか対象にできなくなった。

追放したパーマネントが戦場戻らないようにするテクニック(ナイトメア参照)は使えなくなってしまったが、基本的な性能は忘却の輪と同じ。3マナとやや重く割られるリスクはあるものの、土地以外のパーマネント全般を対処できる優秀な単体除去である。特にミッドレンジプレインズウォーカーを多用するタイプのコントロールに対して有効。

スタンダードでは白青を含むデッキならば群れネズミ/Pack Ratに強い拘留の宝球/Detention Sphereの方が優先されると思われるが、それ以外のを含むデッキならば十分採用を検討できるだろう。セレズニアアグロオルゾフミッドレンジで採用された他、ボロスバーンでもサイドボードに採用されることがあった。ローテーション後は拘留の宝球がスタンダード落ちしたこともあり、ジェスカイアグロ緑白アグロ、またエンチャントであることを活かして星座などでも採用された。

[編集] ルール

  • オーラのように唱える際に対象を選ぶのではなく、戦場に出たときの誘発型能力スタックに乗る際に対象を選ぶ。
  • 能力の解決時に払拭の光が既に戦場を離れていた場合、クリーチャーは追放されない。
  • 払拭の光が戦場を離れた直後に、追放されていたクリーチャーは戦場に戻る。これは忘却の輪のように誘発型能力ではなく、また間に状況起因処理なども挟まない。この際、払拭の光と追放されていたクリーチャーが同時に戦場に存在するタイミングはない。また複数の払拭の光が同時に戦場を離れた場合、追放されていたクリーチャーは同時に戦場に戻る。
  • 多人数戦で払拭の光のオーナーゲームを離れた場合、追放されたクリーチャーは戦場に戻る。カードを戻す単発的効果スタックに置かれる能力ではないため、それはスタック上にある離れたプレイヤーの呪文や能力と共に消滅はしない。

[編集] 開発秘話

前述のナイトメア能力の性質を利用した永久追放テクニックは、挙動が直観的ではなく、カードの意図にも反していると開発部が感じていたことから、このカードが作られることになった[2]

多人数戦における忘却の輪が抱えていた問題(忘却の輪のコントローラーゲームから除外されると追放したパーマネントがそのままになる)を解消することも意識している[3]

対戦相手のパーマネントしか追放できないようにしているのは、Magic Onlineなどのデジタル環境においてクリック回数を減らすことを目的としている[4]

[編集] 関連カード

「放逐」能力を持つ白のエンチャント・カード。特筆しない限り対戦相手の土地でないパーマネントのみを対象にとれ、能力は強制。

[編集] 注釈

  1. August through October FNM Promo Update/8月~10月のフライデー・ナイト・マジック プロモカード更新(Arcana 2014年7月25日)
  2. Journey to the Center of the Set, Part 1/セット中央への旅 その1(Making Magic 2014年4月21日
  3. Developing With Multiplayer in Mind/多人数戦を踏まえたデベロップ(Latest Developments 2014年10月17日)
  4. Magical Mailbag/マジック的一問一答(Latest Developments 2015年12月11日)

[編集] 参考

QR Code.gif