糾弾の天使/Angel of Condemnation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Angel of Condemnation / 糾弾の天使 (2)(白)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行、警戒
(2)(白),(T):他のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。次の終了ステップの開始時に、そのカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
(2)(白),(T),糾弾の天使を督励する:他のクリーチャー1体を対象とし、糾弾の天使が戦場を離れるまでそれを追放する。(督励されたクリーチャーは、あなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。)

3/3

ちらつき/Flicker系と放逐する僧侶/Banisher Priest系という2つの一時的に追放する起動型能力を持つ天使

1番目の能力は終了ステップまでの追放。自分クリーチャー対象にする場合、除去戦闘から逃げる、平和な心/Pacifism系の擬似除去オーラを剥がす、CIP能力を使い回すなどの用途が考えられる。相手のクリーチャーに使う場合、ブロッカーをどかせる、トークンを消す、オーラ装備品を剥がす、+1/+1カウンターによる強化をリセットするなどの使い道がある。総じて多彩な用途があり、応用が効く能力。スタンダードで共存する変位エルドラージ/Eldrazi Displacerと比較すると、あちらはタップコストに含まれないため連続起動ができる反面、こちらは戦場戻すまでに時間差があるため全体除去から味方クリーチャーを逃がすことができる。

2番目の能力は戦場を離れるまでの追放。1度起動すればボード・アドバンテージが得られ、コストに督励を含むため多くても2ターンに1回とはいえ複数回の起動も可能。反面相手の除去が真っ先に飛んでくることになるため、起動するタイミングによってはあっさり除去されてテンポ損に終わりかねない。過度の期待は禁物。

また飛行を持ち、警戒によって能力を構えつつ攻撃できるため、戦闘面でも悪くない。総じて器用なクリーチャー。

参入時のスタンダードでは、1番目の能力に関してはマナ・コストが軽く能力を起動しやすい変位エルドラージの方が便利なことが多いため、両方の能力や飛行を上手く活かせる構築を心掛けたい。

[編集] 参考

QR Code.gif