暗殺者

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

暗殺者/Assassinは、クリーチャー・タイプの1つ。特定の人物を秘密裏に殺害する職業。総数は少ないが、リミテッド・エディションの時代から存在する由緒正しいクリーチャー・タイプである。


Royal Assassin / 凄腕の暗殺者 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 暗殺者(Assassin)

(T):タップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。

1/1


Nekrataal / ネクラタル (2)(黒)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 暗殺者(Assassin)

先制攻撃
ネクラタルが戦場に出たとき、アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。

2/1


Queen Marchesa / マルチェッサ女王 (1)(赤)(白)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 暗殺者(Assassin)

接死、速攻
マルチェッサ女王が戦場に出たとき、あなたが統治者になる。
あなたのアップキープの開始時に、対戦相手が統治者であった場合、接死と速攻を持つ黒の1/1の暗殺者(Assassin)クリーチャー・トークンを1体生成する。

3/3

初出はリミテッド・エディションの凄腕の暗殺者/Royal Assassinだが、その後はカード名に暗殺者を含むカードはあってもクリーチャー・タイプとして暗殺者を持つカードはほとんど登場しなかった。2007年9月サブタイプ変更によってそれらに暗殺者のタイプが追加され職業として確立された。

単色か黒を含む多色がほとんどだが、以外の単色にも少数おり、多色も含めればすべての色に存在する。

ほとんどは名前にたがわず除去やそれに類する能力接死など)を持っている事が多い。除去能力を持たないものも存在するが、例えばスークアタの暗殺者/Suq'Ata Assassin毒殺専門の暗殺者、雇われ刺客/Hired Bladeは奇襲的に襲ってくる暗殺者など、何らかの形で暗殺者としてのイメージが表現されているものが多い。

P/T強化するロードは存在しないが、部族カードとして、墓地の暗殺者カードをコストクリーチャー除去を行える傷刃の精鋭/Scarblade Eliteモーニングタイドに収録されている。

暗殺者・トークン生成するカードに見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseenマルチェッサ女王/Queen Marchesa群集の威光、ヴラスカ/Vraska, Swarm's Eminenceが存在する。

伝説の暗殺者は灯争大戦現在7体存在する(「伝説の(Legendary)・暗殺者(Assassin)」でWHISPER検索)。

[編集] 参考

QR Code.gif