禁忌の果樹園/Forbidden Orchard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Forbidden Orchard / 禁忌の果樹園
土地

(T):好きな色1色のマナ1点を加える。
あなたがマナを引き出す目的で禁忌の果樹園をタップするたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のコントロール下で無色の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


神河物語5色地形。デメリットは対戦相手へのスピリットクリーチャートークン贈与である。

能力真鍮の都/City of Brassとの比較が分かりやすい。マナを生み出すことでは直接ダメージを受けないが、こちらは対戦相手のコントロール下でクリーチャー・トークンを生み出してしまうため、何度も使うとダメージソースが一気に蓄積してしまう。放っておけば、クリーチャー・トークンからの攻撃でかなりのダメージを受けてしまうだろう。

このデメリットは魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal上天の閃光/AEther Flash致死の蒸気/Lethal Vapors等の恒久的なクリーチャー除去手段と組み合わせれば無視できる。

一方で、クリーチャーを容易に戦場に出すこと自体が重要であるデッキ、あるいは対戦相手にクリーチャーを与えることがメリットになるデッキでも利用される。

From the Vault:Realms新規イラストで収録された。

[編集] ルール

  • トークンを与えるのはマナ能力の一部ではなく、別個の誘発型能力である。
    • 何らかの理由で対戦相手を対象に取れない状況でも、マナ能力の起動ができなくなることはない。
    • 禁忌の果樹園に(例えば社交の達人/Joiner Adeptなどで)ほかのマナ能力が与えられた際に、そちらを起動しても誘発する。
    • 対戦相手が被覆呪禁を持っているなど、対象にできない状態であれば、誘発型能力をスタックに置くこと自体が失敗するため、対戦相手にトークンを与える必要がなくなる(友情コンボ)。ただし、上記のフォービドゥンアラームやオースなどのために「あえてトークンを与えたい」状況では、コンボが成立しなくなる点に注意。
  • 基本セット2010でのルール改定により、トークンのオーナーはそれが戦場に出た際のコントローラーとなっている。それ以前は、トークンを戦場に出す能力を起動したプレイヤーであった。
    • 自分がオーナーであるパーマネントの数が多いほど有利であるワープワールドでは、旧ルールでは禁忌の果樹園とのシナジーが得られていたものの、新ルールでは逆に不利になる。
    • その後基本セット2019でのルール改定により、トークンのオーナーはそれを生成したプレイヤーとされることとなったが、禁忌の果樹園については実質的には変わっていない(対象となった対戦相手が生成するものとしているため)。

[編集] 参考

QR Code.gif