タイプ1.5

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タイプ1.5/Type 1.5は、2004年9月19日まで存在した、現在のレガシーの前身にあたるフォーマット

タイプ1.5とレガシーの大きな違いは、タイプ1.5の禁止カードリストが、タイプ1(現ヴィンテージ)の制限カード・禁止カードリストと連動していた点。タイプ1でカードが禁止もしくは制限されると、自動的にタイプ1.5でも禁止となるシステムだった。レガシーに移行してからは、レガシー専用の禁止カードリストが作られることになった。

なお、タイプ1.5のレーティングは、タイプ1と同じく構築に一緒に含まれていた。

  • レガシーは名目上は「タイプ1.5の名称変更」ということになってはいるが[1]、実際のところは使えるカード・セットが同一なだけで禁止カードリストが完全に置き換えられており、事実上タイプ1.5を廃止してレガシーに置き換えた形となっている。
  • たまに勘違いされるが、タイプ1.5とはエクステンデッドのことではない。エクステンデッドはタイプ1.75と呼ばれたりする。
  • タイプ1がクラシック(Classic)とも呼ばれていたため、こちらはクラシック・リストリクテッド(Classic Restricted/クラシック制限)と呼ばれることもあった。

[編集] 参考

  1. マジック:ザ・ギャザリングTM DCIフロアルール 2004年12月20日発効
QR Code.gif