提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Eggは、クリーチャー・タイプの1つ。


Rukh Egg / ルフ鳥の卵 (3)(赤)
クリーチャー — 鳥(Bird)

ルフ鳥の卵が死亡したとき、次の終了ステップの開始時に、飛行を持つ赤の4/4の鳥(Bird)クリーチャー・トークンを1体生成する。

0/3


Dragon Egg / ドラゴンの卵 (2)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

防衛(このクリーチャーでは攻撃できない。)
ドラゴンの卵が死亡したとき、飛行と「(赤):ターン終了時まで、このクリーチャーは+1/+0の修整を受ける。」を持つ赤の2/2のドラゴン(Dragon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

0/2


Summoner's Egg / 召喚者の卵 (4)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

刻印 ― 召喚者の卵が戦場に出たとき、あなたはあなたの手札にあるカード1枚を裏向きで追放してもよい。
召喚者の卵が死亡したとき、その追放されている裏向きのカードを表向きにする。それがクリーチャー・カードである場合、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。

0/4

初出はアラビアンナイトルフ鳥の卵/Rukh EggアングルードではChicken Eggが登場し、2007年9月サブタイプ変更では召喚者の卵/Summoner's Eggが新たな卵となった。しかし、クリーチャー・タイプとしては曖昧で不明瞭なサブタイプだったためか、2010年7月のオラクル更新でルフ鳥の卵は鳥に、召喚者の卵は構築物にそれぞれ変更され、銀枠以外では廃止されてしまった。しかし、基本セット2019ドラゴンの卵/Dragon Egg再録された際に復活。前述のカードに加えロック鳥の卵/Roc Eggルーデヴィックの実験材料/Ludevic's Test Subjectが、成長後のクリーチャー・タイプも含めたサブタイプに変更された。

無色アーティファクト・クリーチャーに存在する。いずれもパワーは0で、一定の条件を満たすと「孵化」し、強力なクリーチャーが生まれてくる能力を持つ。エルダーミュータントなどと同様、身体的状態を表すクリーチャー・タイプであるため、召喚者の卵を除き成長後のクリーチャー・タイプを併せ持つ。

卵を含むクリーチャー・トークン生成するカードに、巣ごもりドラゴン/Nesting Dragonが存在する。

  • 特に関連性があるわけではないが、エルダーとは対極に位置するクリーチャー・タイプである。卵が復活した基本セット2019にはエルダー・ドラゴンサイクルが収録されているが、これと全くの無関係ではないだろう。
  • 卵と同じコンセプトで作られたクリーチャーにロック鳥の雛/Roc Hatchlingがいる。そちらは「雛」であることからか、始めからであった。「孵化する前」でなく「孵化したて」ということなのだろう。
  • 転生するデアリガズ/Darigaaz Reincarnatedは、同名の卵・カウンターを用いる。

[編集] 参考

QR Code.gif