黒き誓約、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis of the Black Oath

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ob Nixilis of the Black Oath / 黒き誓約、オブ・ニクシリス (3)(黒)(黒)
伝説のプレインズウォーカー — ニクシリス(Nixilis)

[+2]:各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失う。あなたはこれにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。
[-2]:飛行を持つ黒の5/5のデーモン(Demon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。あなたは2点のライフを失う。
[-8]:あなたは「(1)(黒),クリーチャーを1体生け贄に捧げる:あなたはX点のライフを得て、カードをX枚引く。Xは、その生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーに等しい。」を持つ紋章を得る。
黒き誓約、オブ・ニクシリスは統率者として使用できる。

3

統率者2014統率者にできるプレインズウォーカーサイクルデーモンと化す以前の、人間プレインズウォーカー/Planeswalkerだった頃のオブ・ニクシリス/Ob Nixilisカード化。忠誠度能力は、ライフドレイン、ライフを失ってクリーチャートークン生成、ライフゲインドローができる紋章

+2能力
打倒/Subversion誘発型能力
戦場への影響は皆無でアドバンテージに繋がるわけでもないが、上昇する忠誠度が大きめなのでとりあえず起動して自身とこれを即死圏から逃す使い方が主になるだろう。多人数戦ならばそれだけ強力になる。
-2能力
ライフと引き換えに悪魔の顕現/Demonic Risingなどと同じ性能のトークンを生み出す。
5/5飛行と言えばあの墓忍び/Tombstalkerに相当するスペックであり、フィニッシャーとしての性能は充分。オブ・ニクシリスが戦場に出てこちらを即起動しても残ることができるため、あわよくば複数体並べることも期待できる。オブ・ニクシリス自身をこのトークンが守ってくれるのでよほどライフが切羽詰まっていない限りこちらを優先して起動したいところ。
-8能力
ボーラスの信奉者/Disciple of Bolasの誘発型能力を、生け贄コストにすることで任意に起動できる紋章を得る。
パワー2以上のクリーチャーを継続的に用意できれば、莫大なアドバンテージを得ることができる。自身の-2能力と組み合わせれば、実に2マナで3点ゲインと5ドロー。勝利に直結するわけではないが、1~2度起動するだけで充分に有利を築ける強力な能力。

小マイナス能力により戦場に与える影響は大きいが連打はできないため、十全に使いこなすためにプラス能力をある程度はさんでやる必要がある。本人が5マナと決して軽くないこともあり、トータルの挙動としてはやや遅めの、総じてコントロールデッキ向けのプレインズウォーカーと言えるだろう。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2014プレインズウォーカーサイクル統率者としても使用できる。

[編集] ストーリー

詳細はオブ・ニクシリス/Ob Nixilisを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif