位相

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

位相/Statusとは、パーマネントの物理的な状態を表す用語。

具体的には以下の4つが位相である。

  1. タップ状態であるか、アンタップ状態であるか
  2. 反転状態か、非反転状態か
  3. 表向きか、裏向き
  4. フェイズ・インか、フェイズ・アウト

パーマネントはこの4つについて、必ずどちらかの状態となっている。

  • 位相を持つのはパーマネントのみである。戦場にないカードが裏向きになることもあるが、それは位相とは無関係である。
  • パーマネントが戦場を離れた場合、その位相は記憶されない。
  • 位相は特性ではないが、位相の違いによって特性が変化することはある。
  • 位相が意味を持たない状況でもそれは保持され、呪文能力ターン起因処理によって変更されない限り、勝手に変化することはない。
  • 位相はコピー可能な値ではないので、コピーされない。また、別のパーマネントをコピーしても上書きされない。
  • 特別な指示がない限り、パーマネントはアンタップ状態、表向き、非反転、フェイズ・インの位相を持ち戦場に出る
  • 「物理的な状態」とされているが、物理的にどのようにしてフェイズ・イン/フェイズ・アウトを表現するのかについては規定されていない。
  • 物理的な状態であるが、両面カード第1面/第2面は位相ではない(参考)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif