予見

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
予見/Forecast
種別 起動型能力
登場セット ディセンション
未来予知
CR CR:702.56

予見(よけん)/Forecastは、ラヴニカ・ブロックアゾリウスギルド)に割り当てられたキーワード能力未来予知で再登場した。これを持つカード手札にあるときにのみ機能する起動型能力である。


Proclamation of Rebirth / 再誕の宣言 (2)(白)
ソーサリー

あなたの墓地にある、点数で見たマナ・コストが1以下のクリーチャー・カードを最大3枚まで対象とし、それらを戦場に戻す。
予見 ― (5)(白),あなたの手札から再誕の宣言を公開する:あなたの墓地にある、点数で見たマナ・コストが1以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。(この能力は、あなたのアップキープの間にのみ、各ターンに1回のみ起動できる。)



Sky Hussar / 空の軽騎兵 (3)(白)(青)
クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

飛行
空の軽騎兵が戦場に出たとき、あなたがコントロールするクリーチャーをすべてアンタップする。
予見 ― あなたがコントロールするアンタップ状態の白か青のクリーチャーを2体タップする,あなたの手札から空の軽騎兵を公開する:カードを1枚引く。(この能力は、あなたのアップキープの間にのみ、各ターンに1回のみ起動できる。)

4/3

[編集] 定義

予見 ― [起動型能力]/Forecast - [起動型能力]は、プレイヤーの手札からのみ起動できる特殊な起動型能力である。

予見能力は、そのコントローラーアップキープの間にのみ、各ターン1回のみ起動できる。予見能力のコントローラーは、予見能力を起動する際にその能力を持つカードをその手札から公開する。手札のカードを公開したそのプレイヤーは、そのカードが手札から離れるか、アップキープ・ステップ以外のステップフェイズが始まるか、いずれかが発生するまで公開した状態でプレイする。

[編集] 解説

[編集] ルール

  • 予見を起動しても、そのカードはオーナーの手札を離れない。
  • 予見の解決前にそのカードが手札から離れても、解決は通常通り行う。
  • 公開した状態でも(それがインスタントであれば)そのカードを唱えることができる。
  • 同一のカードの予見能力は、1枚につき各ターン1回しか起動できない。
    • 手札に複数枚の予見を持つカードがあれば、それぞれ1回ずつ起動できる。
    • 能力を起動後、そのカードが手札を離れたのち、手札に戻った場合、そのカードは新たなオブジェクトである。この場合、そのカードの予見を同一のアップキープ中に再び起動できる。

[編集] その他

  • 公開したままなのは、各ターンに1回という制限により、一度使ったカードを明確にする必要があるためである。
  • 予見カード本来の効果に対し、それを少し弱めたもの、それと相互作用をもたらすものの2パターンがある。開始フェイズドロー・ステップの前にマナを使うことになるので、序盤に使用するとテンポが落ちやすい。
  • 効果処理の方法が綴られているため、一見能力語に見えがちだが、キーワード能力であり、「予見」と言う単語自体がルール上の意味を持つ。
  • アングルードInfernal Spawn of Evilを基に生まれたメカニズムである(→Ask Wizards 2006/08/28参照)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif