Tom LaPille

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

トム・ラピル(Tom LaPille)は、アメリカのマジックプレイヤーウィザーズ・オブ・ザ・コースト元社員。プレイヤー時代はトーマス・ラピル(Thomas LaPille)名義でトーナメントに参加していた。

ウィザーズ社で働くことを決心したが、当時のトムはマジック界隈で知名度に欠けており、ウィザーズに雇われる要素を備えていないと感じていた。ウィザーズ社に注目してもらうため、ブログ「Play Magic With Tom LaPille」を開設する。ブログなどの活動でキューブドラフトのエキスパートとして知られるようになり、奮闘の結果、2008年6月よりウィザーズ社での6か月のインターン権を獲得した。その後もフルタイムの従業員としてR&Dで仕事を続けていたが、エターナルマスターズのリード・デザイナーを務めたのを最後に退職、他社へ移籍した。

R&Dでは主にデベロップ・チームに所属しており、基本セット2012では初のメジャーエキスパンションのリード・デベロッパーを担当した。また、Daily MTGでは2009年1月から2011年12月までの間、連載コラム「Latest Developments」のライターを担当した。

目次

[編集] 主な戦績

[編集] 主な担当セット

[編集] デザイン

太字はリード・デザイナー)

[編集] デベロップ

太字はリード・デベロッパー)

[編集] 参考

QR Code.gif