進化する未開地/Evolving Wilds

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Evolving Wilds / 進化する未開地
土地

(T),進化する未開地を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。


広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse同型再版

基本的な性能に関しては広漠なる変幻地/Terramorphic Expanseを参照。

[編集] 収録状況と構築での活躍

エルドラージ覚醒基本セット2012発売までのスタンダードにおいては広漠なる変幻地と同居していたため、5枚目以降として採用することで、真髄の針/Pithing Needle対策や、未知な領域/Realms Uncharted探しやすくなるなどの利点がある。

エルドラージ覚醒期は、低速デッキを中心に少数枚が採用された。また、ヴァラクートなど特定の基本土地サーチしたいデッキでは4枚積みされることがある。

戦乱のゼンディカー再録時は、タルキール覇王譚フェッチランドバトルランドの組み合わせを前に構築での出番は無いかに思われたが、ゲートウォッチの誓い参入に伴い、荒地/Wastesサーチできるという個性を獲得。無色マナまで含めたマナ基盤の安定化という役割が持てるようになった。ローテーションでフェッチランドが落ちた後は、バトルランドをアンタップインさせるための基本土地にアクセスできることや、イニストラードを覆う影ブロック昂揚メカニズム達成に貢献することから、低速・高速問わず多色デッキで4枚積まれることも珍しくなくなった。

[編集] その他

[編集] 参考

  1. 『カラデシュ』 一問一答(Latest Developments 2016年12月9日)
  2. こぼれ話:『アモンケット』その2(Making Magic 2017年5月29日)
QR Code.gif