血染めの太陽/Blood Sun

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blood Sun / 血染めの太陽 (2)(赤)
エンチャント

血染めの太陽が戦場に出たとき、カードを1枚引く。
土地はすべて、マナ能力でない能力をすべて失う。


土地マナ能力以外の能力をすべて失わせる、血染めの月/Blood Moonの変種といえるエンチャント

登場時のスタンダードでは、ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins水没遺跡、アズカンタ/Azcanta, the Sunken Ruinなどの強力な土地を黙らせることができるほか、進化する未開地/Evolving Wildsを無駄札にしたり、地味ながら霊気拠点/Aether Hubエネルギー・カウンター補充も無効化できる。このカードの影響下ではファストランドM10ランドは必ずアンタップインするため、一緒に使う分には相性がよい。

モダン以下の環境では、血染めの月と比較するとキャントリップ付きでフェッチランドに対してはより有効だが、多色地形に頼ったデッキウルザトロンマナ基盤を破壊する役割は持たないので、単純に血染めの月の互換品には成り得ない。むしろ血染めの月を採用できないそれらのデッキが、溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle等への対策として投入することが考えられる。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

このカードはアモンケット・ブロック砂漠イクサラン・ブロックの土地に変身する両面カードなど、スタンダードに存在する強力な土地への対策として作られた。結果として血染めの月によく似たデザインとなったため、カード名も寄せて命名された[1][2]

[編集] 脚注

  1. A Rivals Like No Other, Part 1/他ならぬ『相克』 その1(Making Magic 2018年1月8日 Mark Rosewater著)
  2. The M-Files: Rivals of Ixalan Edition – Red through Lands/Mファイル『イクサランの相克』編・赤から土地(Play Design 2018年2月9日 Melissa DeTora著)

[編集] 参考

QR Code.gif