小道

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

小道(Pathway)は、ゼンディカーの夜明けで初登場した2色土地サイクル


Branchloft Pathway / 枝重なる小道
土地

(T):(緑)を加える。

Boulderloft Pathway / 石重なる小道
土地

(T):(白)を加える。


目次

[編集] 概要

モードを持つ両面カードであり、第1面第2面で生み出すことのできるマナが異なる。

アンタップインでマナを生み出すことに制約もない一方、戦場での働きは多色土地ではないので、手札の残りの土地カードや唱える呪文色拘束を考慮して出さないと後の展開に影響を及ぼす。

単体での性能は平地/Plainsなど5種の通常の基本土地のほぼ上位互換だが、基本土地タイプを持たないため完全上位互換ではない。

[編集] 開発秘話

Mark Rosewaterがモードを持つ両面カードからボトムアップ・デザインされたカード・セット(後のストリクスヘイヴン:魔法学院)を提示したとき、Aaron Forsytheはモードを持つ両面カードに懐疑的な開発部メンバーの説得のために、モードを持つ両面カードのサンプルカードをデザインしてほしいと依頼した。その結果大量にデザインされたモードを持つ両面カードで、最も注目されたのが2色土地のサイクルだった。

その後、モードを持つ両面カードが通年で取り扱われるメカニズムとして決まり、ゼンディカーの夜明けとカルドハイムに収録されることとなった。ゼンディカーの夜明けで収録された6枚の色の組み合わせが不均衡なのは、10枚を2セットに分けて収録することに決まった一方で、ゼンディカーの夜明けで着目した部族の色の組み合わせが優先された結果である[1][2][3]

[編集] 該当カード

ゼンディカーの夜明け
カルドハイム

[編集] 脚注

  1. Zendikar Rising to the Challenge, Part 2/『ゼンディカーの夜明け』の挑戦 その2Making Magic 2020年9月7日 Mark Rosewater著)
  2. Just to confirm, the other 4 MDFC dual lands are...Blogatog 2020年9月11日)
  3. Odds & Ends: Zendikar Rising/こぼれ話:『ゼンディカーの夜明け』Making Magic 2020年10月5日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif