変異種/Morphling

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Morphling / 変異種 (3)(青)(青)
クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)

(青):変異種をアンタップする。
(青):変異種はターン終了時まで飛行を得る。
(青):変異種はターン終了時まで被覆を得る。(このパーマネントは呪文や能力の対象にならない。)
(1):変異種はターン終了時まで+1/-1の修整を受ける。
(1):変異種はターン終了時まで-1/+1の修整を受ける。

3/3

往年のコントロールデッキフィニッシャーとして使われ続けた、トップクラスのクリーチャー

5つもの起動型能力を持ち、またそのそれぞれが重複せず、攻防にバランス良く働くものであるため、マナがあれば相当に性能が高くなる。マナさえあれば、0/(6+α)から5/1まで自由に変われる「警戒飛行被覆」である。

通常コントロールデッキのエンドカードは終盤十分な土地が並んだ後に戦場に出すため十分な威力を発揮する。特にこれの収録されたウルザ・ブロックマナ・アーティファクト等強烈なマナ加速カードが満載であり、青茶単などで猛威を振るった。

  • スタックルールに変わった第6版から3年ほどが全盛期だった。基本セット2010でのルール変更までは、4番目の能力パワーを上げて戦闘ダメージスタックに乗せてから、5番目の能力でタフネスを上げて死なないようにする、というテクニックがあり、擬似的な5/(5+α)として振る舞えた。しかしルール変更によりこのようなことは不可能になり弱体化した。現在では、低コストで強力なクリーチャーも多いこともあり、フィニッシャーとして一考の余地がある、といった程度。
  • 5番目の能力は、パワーが0以下の時にも起動できる。その場合パワーは負の値となり、通常は0として扱うが、修整の計算の時はそのまま負の数として数える。よって、タフネスを7以上まで上げ、その後4番目の能力でパワーを6以上にする、というプレイングは不可能である。
  • 先輩の虹のイフリート/Rainbow Efreetと比べて、1番目の能力が擬似的な警戒であり、4番目の能力によってダメージレースでも有利である。虹のイフリートにも、対象をとらない除去に耐性がある、マナがかからない、といった長所があるが、多くの場合は変異種が支持される。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

変異種/Morphlingは変身能力を持つ生き物。イラストではトレイリア/Tolariaアカデミー/Academyの魔術師に変身している。向かって左側、羽と尻尾がある方が変異種である。

短編True Enough(The Monsters of Magic収録)は変異種が登場する物語。

[編集] その他

  • 通称「青い悪魔」。豊富な青マナとともに、しばしば対戦相手を絶望させてきたものである。
  • 時の最強プレイヤーJon Finkelは変異種で多くの成績を挙げたが、世代交代の象徴とも言うべきプロツアーニューオーリンズ01初日最終戦Kai Budde戦では、変異種による1本勝利の後、Kaiのサイドボードから変形投入された変異種によって2連敗で敗北。まさに守護神が悪魔に代わった瞬間であった。Kaiはその大会の決勝でも伝説として語り継がれる「最終ドローで変異種トップデッキ」で大逆転優勝を決めるなど、変異種と共に数々の栄光を掴んだ。
    • 日本人でも小宮忠義石田格堂山剛志など多くのスタープレイヤーが変異種により栄光を勝ち取っている。これらの変異種によるあまりにも劇的な活躍は、変異種が史上最強クリーチャーの1つに数えられる理由でもある。
  • このカードは本来新しいクローン/Cloneを作ろうとしてデザインされた。しかし、クローンの膨大なエラッタから、同じ落とし穴に嵌らないためにそれは実現しなかった。代わりに現在のように最初は何の芸も無い状態で戦場に出て、後から能力を追加できる「自分の好きなクリーチャーを作れる」ようになった。
  • これが登場した当初はスタックルール導入前だったために、このカードはそこまで注目されておらず、全盛期のような高い評価ではなかった。

[編集] 参考

QR Code.gif