恐竜

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

恐竜/Dinosaurは、マジック黎明期に存在したクリーチャー・タイプの1つ。現在は冗談セットである銀枠にのみ存在する。現実の世界においては中生代(約2億5000万年前〜約6500万年前)に繁栄した爬虫類の一種で、中生代の末に絶滅した。


Old Fogey (緑)(緑)
Summon — 恐竜(Dinosaur)

フェイジング、累加アップキープ(1)、エコー、消散3、他の恐竜(Dinosaur)とのバンド、プロテクション(ホマリッド(Homarid))、雪かぶり平地渡り、側面攻撃、ランページ2

7/7

アイスエイジPygmy Allosaurusのクリーチャー・タイプとして登場したが、その後ずっと新たな恐竜が出てくることはなく、恐竜に分類されそうなクリーチャーもクリーチャー・タイプがトカゲなどになっていた。このまま消えていくかと思われたが、アンヒンジドOld Fogeyが登場。いかんせん銀枠の上に絶滅しそうなことをネタにされての登場なので新たな恐竜が登場するかはかなり怪しいものの、少なくとも当面の廃止は免れたと思われていた。

しかしローウィンリリース時のルーリングにより、アンシリーズのみにあるクリーチャー・タイプマジックのクリーチャー・タイプとは認められなくなり、Pygmy Allosaurusトカゲになった。これにより、恐竜は公式のルールでは使えなくなった。

  • イクサランの発売に合わせて復活することが発表されている(参考)。
  • 厳密な定義だと翼竜(空を飛んだ爬虫類)や首長竜(水中に生息した爬虫類)などは恐竜ではない。また鳥類は恐竜から進化した、あるいは鳥類は恐竜に含まれると考えられている。→Wikipedia:ja:恐竜

[編集] 参考

QR Code.gif