黒緑白コントロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

黒緑白コントロール(Black-Green White Control) は、黒緑白3で組まれるコントロールデッキの総称。

目次

[編集] 概要

3で組まれるコントロールデッキ。特に黒緑白黒の強力な対抗色多色パワーカードを活用した、グッドスタッフ的なデッキとして組まれる。

ただし、どうしてもグッドスタッフの構成になりがちなデッキカラーであるため、黒緑白ビートダウンPT Junk)との境界は曖昧(そちらも通常ビート・コントロールとして分類される)。

全体除去などを採用したり、極端に遅いデッキが黒緑白コントロールと呼ばれることが多いが、それもまちまちであり、個人の好みに寄るところが大きい。

汎用性は高いが尖った部分がないのもこのデッキカラーの宿命だといえる。

[編集] テーロス・ブロック+タルキール覇王譚ブロック期

タルキール覇王譚で強力なアブザン家/The Abzan Housesカード群が登場したことにより、白黒緑ミッドレンジないしコントロール系のデッキが活躍するようになった。


Siege Rhino / 包囲サイ (1)(白)(黒)(緑)
クリーチャー — サイ(Rhino)

トランプル
包囲サイが戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれ3点のライフを失い、あなたは3点のライフを得る。

4/5


Elspeth, Sun's Champion / 太陽の勇者、エルズペス (4)(白)(白)
伝説のプレインズウォーカー — エルズペス(Elspeth)

[+1]:白の1/1の兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを3体生成する。
[-3]:パワーが4以上のクリーチャーをすべて破壊する。
[-7]:あなたは「あなたがコントロールするクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともに飛行を持つ。」を持つ紋章を得る。

4

思考囲い/Thoughtseizeアブザンの魔除け/Abzan Charm対戦相手の行動を妨害しつつ、クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix包囲サイ/Siege Rhinoなどのクリーチャーで盤面を固め、最後はそれらのクリーチャーや太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Championなどのプレインズウォーカーで勝負を決める。

環境初期はマナ・クリーチャーを含めクリーチャーの採用数が比較的多く、主にアブザンミッドレンジ(Abzan Midrange)の名で呼ばれていた。しかしミラーマッチを含むミッドレンジ対決が増えてきたことで長期戦に強い構成のものが多くなり、運命再編参入後のグランプリメンフィス15では、クリーチャー数を絞ってメインデッキから対立の終結/End Hostilities骨読み/Read the Bonesを採用したコントロール色の強いタイプがTop8に5人を送り込むまでになった。当初はこのタイプを区別してアブザンコントロール(Abzan Control)と呼んでいたが、アブザンミッドレンジとアブザンコントロールの境界が曖昧であることから、やがてこれらはまとめてアブザンコントロールと呼ばれるようになった。

タルキール龍紀伝からは棲み家の防御者/Den Protectorを獲得。特に棲み家の防御者と死霧の猛禽/Deathmist Raptorをセットで採用したものはアブザン大変異(Abzan Megamorph)と呼ばれる。サテュロスの道探し/Satyr Wayfinderまで採用し、墓地利用の比重を増したものもある。

マジック・オリジンからは衰滅/Languish巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seerを獲得した。

[編集] 初期型

Abzan Midrange [1]
土地 (24)
3 森/Forest
2 平地/Plains
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 疾病の神殿/Temple of Malady
4 砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel
2 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
2 コイロスの洞窟/Caves of Koilos
1 マナの合流点/Mana Confluence
1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
1 静寂の神殿/Temple of Silence
クリーチャー (16)
2 エルフの神秘家/Elvish Mystic
4 森の女人像/Sylvan Caryatid
4 クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
2 風番いのロック/Wingmate Roc
4 包囲サイ/Siege Rhino
呪文 (20)
2 真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor
2 英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes
3 太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion
4 思考囲い/Thoughtseize
4 アブザンの魔除け/Abzan Charm
3 英雄の破滅/Hero's Downfall
2 完全なる終わり/Utter End
サイドボード (15)
1 対立の終結/End Hostilities
1 砂塵破/Duneblast
1 集団の石灰化/Mass Calcify
3 悲哀まみれ/Drown in Sorrow
3 胆汁病/Bile Blight
2 残忍な切断/Murderous Cut
1 霊気のほころび/Unravel the AEther
1 リリアナ・ヴェス/Liliana Vess
2 世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker


  • 環境初期のアブザンミッドレンジと呼ばれるタイプ。

[編集] 運命再編後

Abzan Control [2]
土地 (26)
4 砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel
4 疾病の神殿/Temple of Malady
4 静寂の神殿/Temple of Silence
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
3 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
2 コイロスの洞窟/Caves of Koilos
2 森/Forest
2 平地/Plains
クリーチャー (10)
4 クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
4 包囲サイ/Siege Rhino
2 黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang
呪文 (24)
3 太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion
4 思考囲い/Thoughtseize
2 骨読み/Read the Bones
2 対立の終結/End Hostilities
4 英雄の破滅/Hero's Downfall
4 アブザンの魔除け/Abzan Charm
3 胆汁病/Bile Blight
1 残忍な切断/Murderous Cut
1 完全なる終わり/Utter End
サイドボード (15)
1 骨読み/Read the Bones
1 対立の終結/End Hostilities
3 悲哀まみれ/Drown in Sorrow
3 異端の輝き/Glare of Heresy
4 羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion
2 真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor
1 消去/Erase


  • 運命再編参入後のアブザンコントロールと呼ばれるタイプ。

[編集] タルキール龍紀伝後

Abzan Control [3]
土地 (24)
4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
4 砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel
4 疾病の神殿/Temple of Malady
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
3 静寂の神殿/Temple of Silence
2 森/Forest
2 平地/Plains
1 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
クリーチャー (22)
4 棲み家の防御者/Den Protector
4 サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder
4 クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
4 死霧の猛禽/Deathmist Raptor
4 包囲サイ/Siege Rhino
2 黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang
呪文 (15)
4 思考囲い/Thoughtseize
4 アブザンの魔除け/Abzan Charm
2 英雄の破滅/Hero's Downfall
2 命運の核心/Crux of Fate
3 太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion
サイドボード (15)
1 強迫/Duress
3 アラシンの僧侶/Arashin Cleric
3 究極の価格/Ultimate Price
2 ドロモカの命令/Dromoka's Command
3 悲哀まみれ/Drown in Sorrow
1 真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor
2 世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker


  • タルキール龍紀伝参入後のアブザン大変異と呼ばれるタイプ。

[編集] テーロス・ブロック構築

ニクスへの旅の参入後、開花の幻霊/Eidolon of Blossomsエンチャントシナジーを中心としたデッキが登場した。


Eidolon of Blossoms / 開花の幻霊 (2)(緑)(緑)
クリーチャー エンチャント — スピリット(Spirit)

星座 ― 開花の幻霊か他のエンチャント1つがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

2/2


Banishing Light / 払拭の光 (2)(白)
エンチャント

払拭の光が戦場に出たとき、対戦相手1人がコントロールする土地でないパーマネント1つを対象とし、払拭の光が戦場を離れるまでそれを追放する。(そのパーマネントはオーナーのコントロール下で戦場に戻る。)


詳細は星座 (デッキ)を参照。

[編集] ラヴニカ・ブロック期

ラヴニカ・ブロック期にはこのデッキカラービートダウンとしてロクソドン・ヒエラルキーが活躍したが、コントロールに寄せたものも存在する。


Farseek / 遥か見 (1)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから平地(Plains)カードか島(Island)カードか沼(Swamp)カードか山(Mountain)カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。



Angel of Despair / 絶望の天使 (3)(白)(白)(黒)(黒)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行
絶望の天使が戦場に出たとき、パーマネント1つを対象とし、それを破壊する。

5/5

動きは同環境太陽拳に近く、マナ加速から全体除去神の怒り/Wrath of Godフィニッシャー絶望の天使/Angel of Despairなどの重い呪文に繋いでいく。

これらを化膿/Putrefy屈辱/Mortifyといったゴルガリオルゾフパワーカードでサポートする。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (11)
2 収穫するものテネブ/Teneb, the Harvester
3 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
2 絶望の天使/Angel of Despair
4 トロールの苦行者/Troll Ascetic
呪文 (26)
4 酷評/Castigate
3 秋の際/Edge of Autumn
4 遥か見/Farseek
4 きらめく願い/Glittering Wish
4 調和/Harmonize
3 化膿/Putrefy
4 神の怒り/Wrath of God
土地 (23)
1 低木林地/Brushland
4 トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair
2 森/Forest
3 神無き祭殿/Godless Shrine
3 草むした墓/Overgrown Tomb
2 平地/Plains
1 沼/Swamp
4 寺院の庭/Temple Garden
2 樹上の村/Treetop Village
1 ウルザの工廠/Urza's Factory
サイドボード
1 絶望の天使/Angel of Despair
1 罪+罰/Crime+Punishment
1 債務者の弔鐘/Debtors' Knell
3 根絶/Extirpate
2 信仰の足枷/Faith's Fetters
1 墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab
1 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
1 屈辱/Mortify
1 オルゾフの司教/Orzhov Pontiff
3 殺戮の契約/Slaughter Pact

[編集] オデッセイ・ブロック+オンスロート・ブロック期

大量の除去手札破壊で相手をコントロールするみのむしぶらりんしゃんが存在した。


Duress / 強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。



Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。



Krosan Tusker / クローサの大牙獣 (5)(緑)(緑)
クリーチャー — 猪(Boar) ビースト(Beast)

サイクリング(2)(緑)((2)(緑),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
あなたがクローサの大牙獣をサイクリングしたとき、あなたは「あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。

6/5

[編集] エクステンデッド

エクステンデッドでは、同環境The Rockタッチしたデッキが存在した。


Pernicious Deed / 破滅的な行為 (1)(黒)(緑)
エンチャント

(X),破滅的な行為を生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがX以下の、すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。



Loxodon Hierarch / ロクソドンの教主 (2)(緑)(白)
クリーチャー — 象(Elephant) クレリック(Cleric)

ロクソドンの教主が戦場に出たとき、あなたは4点のライフを得る。
(緑)(白),ロクソドンの教主を生け贄に捧げる:あなたがコントロールする各クリーチャーを再生する。

4/4

[編集] レガシー

レガシー環境にも、少数だが同種のデッキタイプは存在する。


Swords to Plowshares / 剣を鍬に (白)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。それのコントローラーは、そのパワーに等しい点数のライフを得る。



Pernicious Deed / 破滅的な行為 (1)(黒)(緑)
エンチャント

(X),破滅的な行為を生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがX以下の、すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。


軽い手札破壊除去で序盤を凌ぎつつ、全体除去アドバンテージを稼ぎ、フィニッシャーで止めを刺す。レガシーらしく、単体除去剣を鍬に/Swords to Plowshares手札破壊強迫/Duress、全体除去に破滅的な行為/Pernicious Deedといった各の最上級呪文が集められている。

同じデッキカラーPT Junkに比べて全体除去により対ビートダウンに有利になる。

壌土からの生命/Life from the Loamを活用したものも存在。基本的にアドバンテージの取れる構成となっている。

[編集] サンプルレシピ

ThunderBluff [4]
土地 (23)
4 Bayou
1 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
2 森/Forest
2 平地/Plains
1 汚染された三角州/Polluted Delta
3 Savannah
4 Scrubland
2 沼/Swamp
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
クリーチャー (10)
2 永遠のドラゴン/Eternal Dragon
1 永遠の証人/Eternal Witness
2 千足虫/Gigapede
2 墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab
3 クローサの大牙獣/Krosan Tusker
呪文 (28)
4 強迫/Duress
2 消えないこだま/Haunting Echoes
4 トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach
4 破滅的な行為/Pernicious Deed
3 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
4 剣を鍬に/Swords to Plowshares
4 名誉回復/Vindicate
3 神の怒り/Wrath of God
サイドボード (15)
3 陰謀団式療法/Cabal Therapy
3 永遠の証人/Eternal Witness
2 蔓延/Infest
4 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
3 燻し/Smother


[編集] 黎明期


Nevinyrral's Disk / ネビニラルの円盤 (4)
アーティファクト

ネビニラルの円盤はタップ状態で戦場に出る。
(1),(T):すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。



Drop of Honey (緑)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、パワーが最も低いクリーチャー1体を破壊する。それは再生できない。最も低いパワーを持つクリーチャーが2体以上いる場合、その中の1体を選ぶ。
戦場にクリーチャーが1体もいない場合、Drop of Honeyを生け贄に捧げる。


当時はにもDrop of Honeyという軽量クリーチャー除去があったため、極端なマス・デストラクションデッキを組むことが可能だった。当時ノンクリーチャーデッキは殆ど見られず、黎明期のメタゲームにも合致していた。

反面、除去以外で積極的にアドバンテージを得られるカードが少なく、The Deckなどのアドバンテージ型コントロールは苦手とする。

大地の怒り/Force of Natureセラの天使/Serra Angelフィニッシャーを務める。

[編集] 参考

QR Code.gif