オルゾフの司教/Orzhov Pontiff

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Orzhov Pontiff / オルゾフの司教 (1)(白)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

憑依(このクリーチャーが死亡したとき、クリーチャー1体を対象とする。このカードを、それに憑依した状態で追放する。)
オルゾフの司教が戦場に出るか、それが憑依しているクリーチャーが死亡したとき、以下から1つを選ぶ。
・あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
・あなたがコントロールしていないクリーチャーは、ターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。

1/1

全体強化全体除去憑依能力を持つクレリック

クリーチャーである性格上コンバット・トリックとして使用することは難しいが、それでも雑魚を一掃するには十分。こういった全体除去は自分のクリーチャーも影響されることが多いのだが、これは相手だけを弱体化してくれる所も高評価。

クリーチャー生け贄に捧げる手段があれば、一度に+2/+2修整や-2/-2修整を与えられることも便利。特にマイナス修整の場合、ETB能力に対応して対戦相手の1/1クリーチャーに憑依させれば、こちらのクリーチャーを消費することなく最大限の効果を与えられる。

モダンではクリーチャーであることと、複数回利用可能な事を生かし出産の殻アブザンカンパニーに採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif