アブザンの魔除け/Abzan Charm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Abzan Charm / アブザンの魔除け (白)(黒)(緑)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・パワーが3以上のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
・あなたはカードを2枚引き、あなたは2点のライフを失う。
・クリーチャーを1体か2体対象とする。それらに2個の+1/+1カウンターを好きなように割り振って置く。


タルキール覇王譚魔除けアブザン家/The Abzan Houses白黒緑)版。モードクリーチャー除去ドロー+1/+1カウンター割り振り

のモードは、復仇/Reprisal系のパワー参照型追放除去。復仇同様、小型クリーチャーには手が出せないが、復仇と比べると対象の範囲が広がっており、使い勝手が良い。

のモードは、夜の囁き/Night's Whisperライフ支払う必要があり、ライフの損失なしで引けたエスパーの魔除け/Esper Charmと比べると見劣りするとは言え、を含まない3マナインスタントで2枚ドローという直接的なハンド・アドバンテージを得られるのは貴重。ライフに余裕があればこのモードが使えるので、腐りにくいのも大きな強みと言えるだろう。

のモードは、エルフの儀式/Elven Rite。1体に2個置くことも、2体に1個ずつ置くこともできる。魔除けに組み込まれてインスタントになったことでコンバット・トリックとして使えるようになったのが大きい。アブザン家には+1/+1カウンターを参照するカードがいくつかあるため、それらと組み合わせるとなお強力。自陣にクリーチャーが必要なので常に役に立つモードではないものの、状況次第では非常に大きな戦果をあげることも。また、握っていることを匂わせるだけで相手が容易な戦闘を仕掛けづらくなる事も期待できる。

構築では白と黒のモードが使いやすい。この2つのモードからどちらかといえばコントロール向けの効果ではあるが、緑のモードもあるのでよほど早いデッキでもなければビートダウンでも採用できる性能。実際、登場直後より黒緑白ビートダウンで採用されている。

リミテッドでは全てのモードが強力で、どのモードで使うか悩ましくなるほどである。ブースター・ドラフトでは色拘束さえ問題なければ最優先でピックしたいカードであろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール覇王譚魔除けサイクル。各氏族/Clanに1枚ずつ存在する。いずれもアンコモン

[編集] 参考

QR Code.gif