トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Flagstones of Trokair / トロウケアの敷石
伝説の土地

(T):(白)を加える。
トロウケアの敷石が戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、あなたはあなたのライブラリーから平地(Plains)カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出してもよい。そうしたなら、あなたのライブラリーを切り直す。


土地破壊リセット対策に有用な伝説の土地

デメリット無しに白マナを生み出せるため非常に扱いやすく、平地を利用する中心のデッキなら気軽に採用できる。デュアルランドショックランドサーチできるので、多色デッキでも採用できる。土地のリセットや生け贄に捧げる効果との相性の良さも見逃せない。

神河ブロック永岩城/Eiganjo Castleなどと比べ、これは伝説のパーマネント特有の「多数投入によるデメリット」をほぼ無視したデッキ構築が許されているという点で一線を画する存在である。複数枚引いてもデメリットになるどころか、レジェンド・ルールを利用してのデッキ圧縮が可能となる。この場合、タップ状態であるほうを墓地に置くなどして、レジェンド・ルール適用前にマナ能力起動できない点をカバーしたい。

サーチしてきた平地はタップインであるため、敷石2つで対戦相手ターンに(白)(白)を残しておくことはできず、またエイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensorなどのサーチ妨害カードがいるときに2枚目を出すとカード・アドバンテージを失うこともある。直接土地破壊する対特殊地形カードには強いが、血染めの月/Blood Moon塩まき/Sowing Saltなどの影響は受けてしまう。また不毛の大地/Wastelandなどインスタント・タイミングでの土地破壊がある環境では、アップキープ等に破壊されることでアドバンテージは勝るもののマナ拘束を受けてしまう。このように平地/Plainsと比べてデメリットも存在するが、既に挙げたようないくつかのメリットを考えると、白を使う多くのデッキで採用する価値があるカードである。

サーチ能力は上陸とも相性がよく、エクステンデッド赤白上陸で採用されていた。現在もモダンで使用可能な組み合わせである。

レガシーでは白スタックスに採用される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせんブロックの、各に対応した伝説の土地サイクルタイムシフトカードである。また以外は時のらせん、黒のみ次元の混乱に収録されている。

[編集] 参考

QR Code.gif