星座

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

星座(せいざ)/Constellationは、ニクスへの旅で登場し、統率者2015で再登場した能力語


Skybind / 空封じ (3)(白)(白)
エンチャント

星座 ― 空封じか他のエンチャント1つがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、エンチャントでないパーマネント1つを対象とし、それを追放する。次の終了ステップの開始時に、そのカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。



Eidolon of Blossoms / 開花の幻霊 (2)(緑)(緑)
クリーチャー エンチャント — スピリット(Spirit)

星座 ― 開花の幻霊か他のエンチャント1つがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

2/2

[編集] 解説

自分自身か他のエンチャント自分コントロール下で戦場に出ることで誘発する誘発型能力を表す。星座能力を持つものは、いずれもエンチャントのカード・タイプを持つ。

[編集] ルール

  • 何らかの効果によって星座を持つパーマネントと他のエンチャントが同時に戦場に出る場合、自身だけでなく、同時に戦場に出るエンチャントについても星座能力が誘発する。
    • 例えば書かれざるものの視認/See the Unwrittenによって開花の幻霊/Eidolon of Blossomsが2枚同時に戦場に出た場合、
      1. 開花の幻霊Aの星座能力が、自身が戦場に出たことによって誘発(カードを1枚引く
      2. 開花の幻霊Aの星座能力が、開花の幻霊Bが戦場に出たことによって誘発(カードを1枚引く)
      3. 開花の幻霊Bの星座能力においても同様の処理を行い、合計4枚のカードを引くことになる。

[編集] 開発秘話

元々はラヴニカへの回帰ブロックにおけるアゾリウス評議会/The Azorius Senateの固有メカニズムとして提案されたものだったが、リミテッドで他のギルド/Guildの戦略と噛み合わないこと、翌年のテーロス・ブロックのテーマ(エンチャント)に踏み込んでしまうものであったことから没となり、ニクスへの旅で採用されることになった。なお、ラヴニカへの回帰ブロック開発中は上陸/Landfallのエンチャント版であることから上エンチャント/Enchantmentfall、テーロス・ブロック開発中は神占/Divinityと呼ばれていた[1][2]

[編集] 脚注

  1. Return on Investment, Part 2/あの世界への回帰 その2Daily MTG、Making Magic、文:Mark Rosewater、訳:米村薫
  2. Two Truths and a Lie2つのホントと1つのウソ(同上)

[編集] 参考

QR Code.gif