消去/Erase

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Erase / 消去 (白)
インスタント

エンチャント1つを対象とし、それを追放する。


エンチャント追放するインスタント

追放領域へ追いやることができるものの、対象が狭すぎるため、もっぱらサイドボード向けのカード解呪/Disenchantに汎用性では劣るが、1マナ軽く、扱いやすい。エターナルエンチャントテーロス・ブロックといった通常の破壊手段で対処できない脅威を取り除くことができ、補充/Replenishなどによる回収を防ぐこともできる。

基本セット2013再録。解呪がスタンダード落ちしているので評価はより上がる。同時に怨恨/Rancorも再録されているため、その対策として出番は多くなるだろう。

タルキール覇王譚で再び再録。スタンダードではクルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphixを始めとする各種クリーチャー・エンチャントや優秀な除去である払拭の光/Banishing Lightエレボスの鞭/Whip of Erebosジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancyといった厄介なエンチャントが様々なデッキで採用されているため、白絡みの各種デッキでサイドボードの常連となっている。エンチャントに対処するカードとしては他にも存在の破棄/Revoke Existence神討ち/Deicideといったカードが存在するが、1マナと軽いことやを採用するデッキがメタ上に少ないことが挙げられる。

[編集] ストーリー

かつては永遠の夜明けに包まれた楽園のセラの領土/Serra's Realmに闇とほころびが広がっていく、このカードにはひび割れた建物の姿や暗闇を消去/Eraseするセラの天使/Serra Angelが描かれている(イラスト)。フレイバー・テキストにもあるように、世界の崩壊という真実は認識よりも苛酷であり、真実の姿をいくら消し去っても早晩、世界は崩壊する運命にあった。

感知は真実よりも快い。

[編集] 参考

QR Code.gif