雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cloudgoat Ranger / 雲山羊のレインジャー (3)(白)(白)
クリーチャー — 巨人(Giant) 戦士(Warrior)

雲山羊のレインジャーが戦場に出たとき、白の1/1のキスキン(Kithkin)・兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを3体生成する。
あなたがコントロールするアンタップ状態のキスキンを3体タップする:ターン終了時まで、雲山羊のレインジャーは+2/+0の修整を受けるとともに飛行を得る。

3/3

1/1のキスキン兵士トークンを生み出す能力と、それらをタップすることで5/3飛行になれる能力を持つクリーチャー

栄光の頌歌/Glorious Anthemなどの全体強化やトークンをコストに充てられるようなカードとのシナジーが大きい。単純に5マナで6/6相当になるため、リミテッドでは打撃力の面で強力。また、地上を攻められているなら、トークンをチャンプブロックに回しながら3/3として殴るという運用も可能。フィニッシャーとしてもそこそこだが、使い捨てるようなやり方でもアドバンテージを取れる。なかなか用途が広く、安心して使えるクリーチャーである。

ビートダウンデッキには普通に採用できる性能。相性の良いカードギミックの有無に関わらず、単体でウィニーフィニッシャーとして4枚投入される事も多い。反面、生粋のコントロールデッキのフィニッシャーとしては支配力・安定性に欠ける。アドバンテージや時間を稼ぐのにも使えるが、その用途で考えると5マナは重い

5マナで一気に計4体のクリーチャーを展開することができるため、パーマネントの数を積極的に増やしたいデッキでは重宝される(→ワープワールド)。また、ETB能力の効果が大きいため、攻撃型のブリンクで1枚挿しされる事も。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィンの、戦場に出た時に友好関係にあるクリーチャー・タイプを持つクリーチャートークンを出すクリーチャーのサイクル。そのクリーチャー・タイプのパーマネントコストに充てる起動型能力を有する。

[編集] 参考

QR Code.gif