巨人

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

巨人/Giantとは、クリーチャー・タイプの1つ。巨大な人型生物。


Hill Giant / 丘巨人 (3)(赤)
クリーチャー — 巨人(Giant)

3/3


Brion Stoutarm / 豪腕のブライオン (2)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — 巨人(Giant) 戦士(Warrior)

絆魂(このクリーチャーがダメージを与える場合、さらにあなたは同じ点数のライフを得る。)
(赤),(T),豪腕のブライオン以外のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。豪腕のブライオンはそのプレイヤーに、生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーに等しい点数のダメージを与える。

4/4


Primeval Titan / 原始のタイタン (4)(緑)(緑)
クリーチャー — 巨人(Giant)

トランプル
原始のタイタンが戦場に出るか攻撃するたび、あなたはあなたのライブラリーから土地カードを最大2枚まで探し、それらをタップ状態で戦場に出し、その後、あなたのライブラリーを切り直してもよい。

6/6

初出はリミテッド・エディションローウィン・ブロックでは主要部族の1つとされた。

主に、次いでに多く存在する。その名の通り、人間やその他の亜人種族に比べてはるかに大きなサイズを持ち、マナ・コストも殆どが4~8マナ圏と重い能力も「力任せ」という感じのものが多く、バニラフレンチ・バニラも少なくない。そのため主な出番はリミテッドという印象が強い種族であったが、基本セット2011タイタン・サイクル構築の一線で活躍した。

初期のものは中堅クリーチャーが主であったが、基本セット2010ごろからは大型クリーチャー枠として扱われている。これは、人間よりは大きいが巨人ほどではない体躯の種族(例えばミノタウルスロクソドンなど)が存在することから、巨人をより大型の種族へと格上げしたためである(参考1参考2)。

ロード暁の君主/Sunrise Sovereign。ローウィンでは部族カードが多数収録され、コスト軽減してくれる臭汁飲みの向こう見ず/Stinkdrinker Daredevilや専用の土地である古の円形劇場/Ancient Amphitheaterがある。

巨人・トークンを出すカードにはタイタンの契約/Pact of the Titan反目殺しの評決/Feudkiller's Verdictなどがある。

伝説の巨人は統率者2015現在、9体存在する(「伝説の(Legendary)・巨人(Giant)」でWHISPER検索)。

[編集] ストーリー

次元/Planeごとの特徴を記す。

ローウィン/Lorwyn
極端な性格をしており、非常に知的な巨人も存在する。他種族に怒りや不作為から災いを与えることもあるし、いざこざの仲裁者になることもある。
テーロス/Theros
大地そのものから生まれてくるテーロスの旧い種族。彼らは丘の上の古石や老木の根、大河のうねりや洞穴の暗闇からも力を授かる事ができる。

[編集] 参考

QR Code.gif