デザイン・チーム

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デザイン・チーム(Design Team)は、かつてマジックのカードセットごとに構成されていた制作チームの1つ。基本セット2014の発表以来、クレジットでは初期コンセプト&ゲーム・デザイン(Initial Concept and Game Design)と表記されていた。

チームはリード・デザイナー(Lead Designer)と呼ばれるリーダーと、開発部のメンバー数人から構成される。デベロップ・チームからデベロップ代理が、クリエイティブ・チームからクリエイティブ代理がそれぞれ参加する。

また、すべてのデザイン・チームの総責任者として主席デザイナーヘッド・デザイナーHead Designer)が存在し、Mark Rosewaterがその役職を務める。

デザイン・チームの仕事は、まず「先行デザイン」期間でカードセットの全体的な方針や雰囲気をデザインし、その後「デザイン」期間でカードセットの原案ファイルを作り上げることである。出来上がった原案は「デヴァイン/Devign」と呼ばれる引き継ぎ期間を経てデベロップ・チームに渡され、更なる改良・調整が加えられることとなる。

現在、これは主に展望デザイン・チームの役割となっている。

  • 内部的な呼び分けは上記のとおりであるが、クレジット上はデベロップ・チームも「最終ゲーム・デザイン」と表記されていた。外部から見るとどちらの仕事もゲーム・デザインであることに変わりないためである。
  • 初期の2年間は、社外のグループによってデザインされたものが、社内のデベロップ・チームに引き渡される形式だった。

[編集] 参考

QR Code.gif