覇権

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
覇権/Champion
種別 誘発型能力
登場セット ローウィン・ブロック
CR CR:702.71

覇権(はけん)/Championは、ローウィン・ブロックで登場したキーワード能力。これを持つパーマネント戦場に出たときと、戦場を離れたときに誘発する2つの誘発型能力からなる。


Nova Chaser / 新星追い (3)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) 戦士(Warrior)

トランプル
覇権(エレメンタル(Elemental))(これが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のエレメンタル1つを追放しないかぎり、これを生け贄に捧げる。これが戦場を離れたとき、そのカードは戦場に戻る。)

10/2


Mistbind Clique / 霧縛りの徒党 (3)(青)
クリーチャー — フェアリー(Faerie) ウィザード(Wizard)

瞬速
飛行
覇権(フェアリー(Faerie))(これが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のフェアリー1つを追放しないかぎり、これを生け贄に捧げる。これが戦場を離れたとき、そのカードは戦場に戻る。)
いずれかのフェアリーが霧縛りの徒党により覇権させられたとき、プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーがコントロールするすべての土地をタップする。

4/4

[編集] 定義

覇権([オブジェクト])/Champion a(n) [オブジェクト]は以下の2つの能力からなる。

  • このパーマネントが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他の[オブジェクト]を追放しない限り、これを生け贄に捧げる
    • この能力によって追放されたパーマネントは、この能力の発生源であるパーマネントによって「覇権された」という。
  • このパーマネントが戦場を離れたとき、これによって追放されているカード(覇権されたカード)をオーナーのコントロール下で戦場に戻す

[編集] 解説

覇権を持つクリーチャーを戦場に出すには、対応する他のパーマネントを追放しなければいけない。その分、覇権を持つクリーチャーは持たないクリーチャーより強力にデザインされている。また、覇権クリーチャーが戦場を離れると、追放したパーマネントが戦場に戻ることで、除去によるカード・アドバンテージの損失を回避している。

その性質から、ETB能力を再度誘発させたり、平和な心/Pacifismなどの妨害オーラカウンターを覇権元から除去することが可能である。また、他の覇権クリーチャー2体を覇権できるクリーチャーが3体いれば、選択肢のある無限ループも発生させることができる。

[編集] ルール

  • 「他の」オブジェクトと指定されているので、そのパーマネント自身は追放できない。
  • オブジェクトがサブタイプで指定されている場合、そのカード・タイプは問わない。例えば「エレメンタル」と指定されていたら、エレメンタルである部族エンチャントなども追放できる。
    • ただし、戦場にあるパーマネントしか追放することはできない。パーマネントのサブタイプのみ書かれている場合は、それはパーマネントを示す(CR:109.2)。
  • トークンも追放することができるが、追放されたトークンは次の状況起因処理で消滅する。カードではないので、覇権元のクリーチャーが戦場を離れても戻ってくることはない。
  • 戦場に出たときの能力の解決前にこれが戦場を離れた場合、戦場を離れたときの能力が先に解決されることになる。このとき、戦場に出たときの能力で追放したカードは戻ってこなくなる。ただし追放効果は強制ではないので、「追放せずに生け贄に捧げる(実際には既に戦場を離れているので何もしない)」ことを選ぶことでパーマネントの損失は避けられる。

[編集] その他

  • 多くのTCGにある「進化」メカニズムをマジック開発陣なりにデザインした能力である。デベロップ中には非クリーチャーがクリーチャーに「アップグレード(Upgrade)」するのはあまりに奇妙であるという意見もあったが、最終的に覇権/Championという名称が与えられ現在の形に落ち着いた。(→And the Rest参照)
  • Championは「優勝者」や「勇者」のほかに「~を守る」といった意味があり、覇権元を守るために登場するというフレイバーを表している(→Champions of Goldmeadow参照)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.0

QR Code.gif