Mark Poole

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マーク・プール(Mark Poole)は、マジックのイラストレーターの1人。サウスカロライナ大学美術学科卒。アルバムのカバーイラストなどを担当して後にマジックに携わる。

初代島/Islandイラスト)をはじめ、マジック最古のカードセットであるリミテッド・エディションから参加し、数多くのカードのイラストを手がけた。テンペストを最後に姿を消していたが、アンヒンジドFraction Jacksonイラスト)、Laughing Hyenaイラスト)を経てラヴニカ:ギルドの都急使の鷹/Courier Hawkイラスト)、火花魔道士の弟子/Sparkmage Apprenticeイラスト)で復活を果たした。リバイバルがテーマの時のらせんにも参戦、筆を振るう。 モーニングタイドを境に再び姿を消していたが、運命再編で約7年ぶりに復活した。

彼方からの雄叫び/Howl from Beyondイラスト)、極楽鳥/Birds of Paradiseイラスト)、対抗呪文/Counterspellイラスト)、Ancestral Recallイラスト)など過去にマジックを代表していたカードを多く手がけている。畏怖/Fear(~第4版)(イラスト)、対抗呪文などに見られる彫りが濃く顔の細長い人物や、農村生い茂る草木甲冑に身を包んだ騎士をモチーフにした絵などが印象に残る。極楽鳥などは第8版やラヴニカに収録されている新イラストよりも第6版までに使われていた彼のイラストの方が人気があるようだ。

彼の絵にまつわる裏話と言えば、やはり、この極楽鳥と元絵のはずだったTropical Islandの問題だろう(詳しくは極楽鳥/Birds of Paradiseの項を参照)。彼はこれによりデュアルランドにクレジットを載せる機会を不意にしたが、長く名の伝わるカードに名を残し、結果的にその知名度を高めたといえる。また、1996年4月号のDuelistエイプリル・フール記事で「島が禁止になる」という嘘の話題と一緒に登場した、アラビアンナイトエキスパンション・シンボル付き「Islands」の絵を気合い入れて描き下ろししたというノリのいい話もある(そうでなくとも、彼の描くリミテッド・エディション版島は秀麗で、同じリミテッド・エディションからの対抗呪文と共に、使いに親しまれてきていたが)。

  • 多才な芸術家である彼は(アルバムなども出している)プロのベーシストでもある。Albionというプログレ・バンドのメンバーとレコーディングをしているそうで、その経歴はなんと15年になるという。

[編集] 手がけた有名なカード

[編集] 来日記録

[編集] 参考

QR Code.gif