夢の破れ目/Dream Fracture

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dream Fracture / 夢の破れ目 (1)(青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。それのコントローラーはカードを1枚引く。
カードを1枚引く。


取り消し/Cancelの亜種。秘儀の否定/Arcane Denialが1マナ重くなったら、引かせる量が減った。あるいは難題/Vex色拘束が強くなったら自分も引けるようになった。

対戦相手呪文打ち消す場合、カード・アドバンテージだけで見れば、取り消しと違いはない。打ち消しながらカードを引けるので、コンボデッキで、キーカードを揃えたい時には便利だろう。ただし、対戦相手にもカードを引かせるので、なるべくフィニッシャーなどの重要なカードを狙って打ち消したい。中途半端に撃つと対戦相手の手札の質を上げてしまう可能性が高くなる。

秘儀の否定と同様に、自分の呪文を打ち消すことで自分だけカードを引くこともできる。基本的には3マナ+他の呪文のコストで、手札を2枚入れ換えすることになるのであまり効率が良いとは言えないが、緊急時には使う余地がある。フラッシュバック回顧呪文等を打ち消せばアドバンテージも得やすくなるだろう。差し戻し/Remandと同じく、自分の呪文が相手に打ち消されそうなときなどにこれで自分の呪文を打ち消せば、アドバンテージも取れる。

全体的に、取り消しよりテクニカルなカードである。使い手のセンスが問われるだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif