第4版

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

第4版(英:Fourth Edition、略号:4E4ED)は4番目の基本セット。収録カードは全378種類で、英語版は1995年4月、日本語版は1996年4月に発売が開始された。

目次

[編集] 概要

国内では初めて日本語版が発売されたカードセットとして知られる。

リバイズドまで収録されていた、太陽の指輪/Sol RingDemonic Tutorなどの強力なカードが除外される一方で、再誕/Rebirthなどのアンティ関連カードや、当時制限カードであったチャネル/Channel精神錯乱/Mind Twistなどが収録されている。

マジックの国際展開を初めて本格的に意識したセットであり、国際的に問題のある点が変更されたり、『クロニクル』や『ルネッサンス』など、国ごとの展開をフォローするカードセットが発売されたりした。

ブースターパックのパッケージに初めてカードイラストが使用された。使用されたイラストは真鍮人間/Brass Manハールーン・ミノタウルス/Hurloon Minotaur魔力の櫃/Mana Vaultメサ・ペガサス/Mesa Pegasus魂の絆/Spirit Linkの5種類。

これまでのパッケージには中身が透けている素材を使っておりサーチが可能だったのに対して、この版以降に発売されたブースターパックはアルミが使われてサーチができないようになった。

[編集] 日本語版

「その言語で初めて発売されるセットは黒枠である」というルールと日本語版の発売記念を兼ねて、発売開始から96年夏までを黒枠限定版の販売予定としていたが、白枠版の発売は遅れに遅れて96年12月となった。このため、第5版発売開始までほとんど間がなく、黒枠の方が白枠よりも圧倒的に多いという逆転現象が発生した。黒枠のものはパッケージ下部とバーコードに添えられた商品名に限定版の表記がある。

通常版はぎりぎりとはいえ黒枠と同じ年内に印刷・発売ができたために、一部のカードにおいて区別が紛らわしい第5版と比べてはコピーライト表記を確認することでセットの判別が可能。第4版は1996で、第5版は1997となっている。

[編集] 変更点

[編集] ラインナップ

英語環境用に、スターター相当のデッキ2つ・ライフカウンター用おはじき(青と水色各20個)・おはじきケース・ゲーム解説書の同梱されたギフトボックスが販売された。おはじきケースである巾着の材質は数種類あり、またホームランド2パック同梱の物などマイナーなバージョン変更を繰り返した。パッケージ外観は4版スターターをそのまま大きくしたデザイン。

日本語環境用では、構築済みデッキ2つとゲーム解説書の入った入門セット(カードは白枠)が販売された。英語版とは違い、ライフカウンター等は同梱されていないが、その分サイズが小さくなっている。内容が構築済みのため比較的売れ残った。

[編集] Alternate Fourth Edition

供給不足を補うために別の印刷会社で印刷された第4版をAlternate Fourth Editionと呼ぶ。日本語では「アルターネイト版」「アルターネイト4th」などと呼ばれる。 スターターデッキであれば、通常の第4版が7.95アメリカドル・11.95カナダドルであるのに対し、アルターネイト版では8.95アメリカドル・12.95カナダドルと1ドルずつ価格が上がっているので未開封でも見分けがつく。また、バーコード部分などにも印刷の差異が見られる。

収録されたカード

  • 裏面の印刷がぼやけており、色調が暗い。
  • 通常のものと比べてやや厚い。
  • 特殊塗料のため光沢が強く、またブラックライト下で光らない。

など通常のものと印刷品質が異なっていたため正式に発売されることはなかった。しかし、実際は相当数が一般に流出している。

[編集] アルファカット

英語版のコモンアンコモンには、アルファ版と同じ形状で四隅が丸みを帯びているものがある。これも通常のカードと区別が付かないように不透明スリーブに入れなければならない。

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif