Randy Buehler

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ランディ・ビューラー(Randy Buehler)は、アメリカのマジックプレイヤー、元ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社員。

[編集] 概要

Team CMU」の一員であり、伝説的なデッキビルダーとして知られている。またプレイヤーとしても一流であり、デビュー戦のプロツアーシカゴ97で優勝、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

ウィザーズ社ではインベイジョンの初期からR&Dに加わり、オデッセイで初のリード・デベロッパーを担当した。R&Dのリード・デベロッパー(現在のディレクター)を5年間務めたのち、デジタル・ゲーム部門の部長に就任する。デジタル・ゲーム部門ではウィザーズ社のSNS・Gleemax.comの立ち上げに深く関わった。

ウェブサイトMagicthegathering.comでは開設当初から連載コラム「Latest Developments」のライターを担当した。Latest Developmentsは2004年2月にAaron Forsytheにバトンタッチし、その後もライターを替えて現在も続いている。

2008年12月、ウィザーズ社のデジタル関連の組織改編に伴い解雇(レイオフ)される(参考1参考2)。退職後はゲームデベロッパーのMind Control Software社に就いている。

プロツアーグランプリなどでは、Brian David-Marshallとコンビを組み、ウェブキャストによる実況中継やコメンテーターを担当している。2016年8月にはプロツアー「異界月」を最後にプレミアイベントコメンテーターから引退が、エターナル・ウィークエンドなど一部WotC主催のノンポイント戦コメンテーターを引き続き担当している(参考1)(参考2)。

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 主な担当セット

[編集] デザイン

[編集] デベロップ

[編集] 参考

マジック・プロツアー殿堂顕彰者
2005年 Jon Finkel - Darwin Kastle - Tommi Hovi - Alan Comer - Olle Råde‎
2006年 Bob Maher - David Humpherys - Raphaël Lévy - Gary Wise - Rob Dougherty
2007年 Kai Budde - Zvi Mowshowitz - 藤田剛史 - Nicolai Herzog - Randy Buehler
2008年 Dirk Baberowski - Mike Turian - Jelger Wiegersma - Olivier Ruel - Ben Rubin
2009年 Antoine Ruel - Kamiel Cornelissen - Frank Karsten
2010年 Gabriel Nassif - Brian Kibler - 齋藤友晴 - Bram Snepvangers
2011年 中村修平 - Anton Jonsson - Steven O'Mahoney-Schwartz
2012年 Paulo Vitor Damo da Rosa - 津村健志 - 大礒正嗣 - Patrick Chapin
2013年 Luis Scott-Vargas - William Jensen - Ben Stark
2014年 三原槙仁 - Paul Rietzl - Guillaume Wafo-Tapa
2015年 Eric Froehlich - 八十岡翔太 - Willy Edel
2016年 渡辺雄也 - Owen Turtenwald
QR Code.gif