アーティファクト・タイプ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アーティファクト・タイプ/Artifact Typeとは、アーティファクトサブタイプのこと。


Bonesplitter / 骨断ちの矛槍 (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+0の修整を受ける。
装備(1)



Darksteel Garrison / ダークスティールの駐屯地 (2)
アーティファクト — 城砦(Fortification)

城砦化している土地は破壊不能を持つ。
城砦化している土地がタップ状態になるたび、クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
城砦化(3)(あなたがコントロールする土地1つを対象とし、それにつける。城砦化はソーサリーとしてのみ行う。このカードはつけられていない状態で戦場に出て、つけられた土地が戦場を離れても戦場に残る。)



Expose Evil / 邪悪の暴露 (1)(白)
インスタント

クリーチャーを最大2体まで対象とし、それらをタップする。
調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり(Clue)アーティファクト・トークンを1つ生成する。)


[編集] アーティファクト・タイプ一覧

からくりは蒸気打ちの親分/Steamflogger Bossルール文章に登場するだけで、まだそれを持つカードは存在していない。しかしルール上は明確に定義されている。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif