炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Burning-Tree Emissary / 炎樹族の使者 (赤/緑)(赤/緑)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

炎樹族の使者が戦場に出たとき、あなたのマナ・プールに(赤)(緑)を加える。

2/2

混成マナ・シンボルの2マナフリースペルクリーチャー

同系統の能力を持ったウラブラスクの僧侶/Priest of Urabraskに比べて、唱えやすさと純粋なクリーチャーとしてのマナレシオで大きく勝っており、通常のウィニーデッキなどでの運用にも十分耐える。とは言え、後続が呼び出せないと単なるであり、生み出すマナが同じのマナ2点ではなく()()の異なる色マナを1点ずつという部分も少し癖がある。マナフィルターとして機能する場合もあるが、赤および緑のダブルシンボルと併用する際はネックになる事もあるなど、デッキ構築唱えるタイミングには気を配りたい。

スタンダードでは、ステロイドナヤジャンドといった、赤緑が入る高速ビートダウンデッキにおいて、序盤の展開力を高めるために採用された。人間であるため教区の勇者/Champion of the Parishともシナジーがあり、Naya Blitz(ナヤ人間)においても重要な戦力。また、人間リアニメイトではコンボパーツにもなった。信心システムとも相性が良く、テーロス・ブロック参入後は、赤単信心緑単信心、およびその派生デッキの爆発力に貢献している。

モダンにおいても採用され、特にNaya Blitzで起爆力の中核を担う。

[編集] 参考

QR Code.gif