豊かな成長/Abundant Growth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Abundant Growth / 豊かな成長 (緑)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(土地)
豊かな成長が戦場に出たとき、カードを1枚引く。
エンチャントされている土地は「(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ。


キャントリップ付きの5色地形オーラハンド・アドバンテージを犠牲にせず色事故を軽減してくれる。

マナ基盤をお手軽に安定させることができるが、エンチャント破壊割られる危険を考えれば、さすがにこれに頼りすぎるのは考え物。横着してタッチカラーを生み出せる土地を削りすぎると泣きを見る可能性がある。

イニストラード・ブロックには強力だが無色マナしか生み出せない基本でない土地のサイクルがあるので、それらにつけ色マナを出せるようにすると面白い。またリミテッドならタッチカラーのマナを確保したり、また逆にタッチカラーの土地ばかり出てしまった時の応急処置に使ったりと柔軟に使えて便利。これと国境地帯のレインジャー/Borderland Rangerを両方ピックすることで、3色デッキも安定させることができる。

後から別の土地につけ替え+1ドローが可能となる解放の天使/Emancipation Angelとはよいシナジーを形成する。

  • 1マナ1ドローなので、マナうんぬんを無視しても最低限デッキ圧縮になる。エンチャントレスならばドローソースにも。
  • 土地から追加のマナを生みだす繁茂/Wild Growth肥沃な大地/Fertile Groundと違い、これは単に土地にマナ能力を与えているだけであり、マナが増える訳ではない事に注意。
  • 社交の達人/Joiner Adeptと同様、あくまでマナ能力の追加なので、対象の土地が他にタップをコストとする能力をもつ場合競合することになる。その意味で、The Tabernacle at Pendrell Valeなどのタップ能力を持たない土地との相性は良いといえる。
    • ただしそのようなカードが使用できるカードプールであれば他に優秀な5色地形も多いため、素直にそちらをいれる選択肢もあるだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif