信仰無き物あさり/Faithless Looting

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Faithless Looting / 信仰無き物あさり (赤)
ソーサリー

カードを2枚引き、その後カードを2枚捨てる。
フラッシュバック(2)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


くなってフラッシュバックの付いた入念な研究/Careful Study。赤単色手札交換で「すべて捨てる」でも「無作為に捨てる」でもなく、選んで捨てられるものはこれが初。

マナ・コスト、フラッシュバック・コストともに軽く墓地利用デッキではかなり強力。このカード自身が墓地に落とされても機能するのも嬉しい。発掘青赤昇天燃え立つ復讐/Burning Vengeanceデッキなどでは即戦力になれるだろう。

また1枚でライブラリーを4枚も掘り下げられるカードはそれだけで赤には貴重。カード・アドバンテージを失うため無条件で採用できるわけではないが、コンボデッキなどキーカードの比重が大きいデッキであれば、墓地依存でなくとも採用を検討できる。

スタンダードおよびイニストラード・ブロック構築では、赤を含むリアニメイトデッキFrites人間リアニメイトなど)で活躍している。

[編集] 開発秘話

このカードはThe Great Designer Search 2で得られたアイディアが元になっている。1次予選における「能力1つをあるから他の色に移すとしたら何が良いか」という問題に対し、「カードの濾過/card filtering・ルーター能力/looting(カードを引き、カードを捨てること)をから赤に移す」という回答が複数寄せられた(Essay What/論述問題)。

開発部はこのアイディアを気に入り、青からルーター能力を取り除くことはしないが、赤に追加することを決定した。後に青と赤でルーター能力に差異を設けることも検討されたが、このカードは青と同じものとして世に出ることになった(Dark Shadows, Part 1/暗き影 その1)。

[編集] 参考

QR Code.gif