オースブレイカー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oathbreaker(オースブレイカー変種ルール)は、ハイランダーで行われる多人数戦非公式フォーマットの1つである。統率者戦と多くの共通点を持つ。

目次

[編集] 概要

伝説のクリーチャー統率者として選ぶ代わりに、プレイヤープレインズウォーカー1枚を自身のOathbreaker(オースブレイカー)として、インスタントソーサリー1つをオースブレイカーのSignature Spell(刻銘呪文)として選ぶ。

オースブレイカーは統率者と同様にゲームの開始前に統率領域に置かれる。また、以前に唱えられた回数につき(2)の追加コストがかかり、領域変更に関するルールも統率者戦における統率者のそれと同じである。

刻銘呪文も同様のルールに従う。ただし、刻銘呪文はそのオースブレイカーを戦場コントロールしているときにしか唱えられず、解決に際して統率領域に戻る(バイバックなどを無視する)。

統率者戦と同様に、オースブレイカーの固有色によってデッキの構築は制限され、基本土地ではないカードは1枚ずつしかデッキに入れることはできない。

あなたの統率者」と書かれているカードの文章は、「あなたのオースブレイカー」と読み替える。

統率者戦とは異なり、オースブレイカー変種ルールのデッキは60枚ちょうどでなければならない(これにはオースブレイカーと刻銘呪文が含まれる)。開始時のライフの総量は20点である。勝利条件として統率者ダメージのルールは用いない。

[編集] ルール

もしマジック総合ルールにオースブレイカー変種ルールの項目があれば以下のようになるだろうという形で、非公式にルールが提唱されている。

  • 906.1 オースブレイカー変種ルールでは、デッキは、そのデッキのオースブレイカー・カードとして指定されたプレインズウォーカーと、刻銘呪文として指定されたインスタント・呪文かソーサリー呪文によって率いられる。オースブレイカー変種ルールは、weirdcards.orgが制作したものである。通常のマジックのルールすべてに加えて、以下の追加ルールを用いる。
  • 906.2 オースブレイカー変種ルールは多人数戦である。通常、無差別戦 変種ルールに「複数への攻撃選択ルールを用い、「影響範囲限定」選択ルールは用いない。rule 806参照。
  • 903.3 各デッキにはオースブレイカーとして指定されるプレインズウォーカーが1枚含まれる。この指定はそのカードで示されたオブジェクト特性ではなく、そのカードそのものの持つ属性である。領域を変更したとしても、そのカードはこの指定を受け続ける。
    • 906.3a 両面カードは、その第1面タイプとしてプレインズウォーカーを持つなら、オースブレイカーになれる。
    • 906.3b 共闘を使う場合には、2枚のオースブレイカーを持つことができる。702.123参照。
    • 906.3c オースブレイカーは、「レジェンド・ルール」に従う。
  • 906.4 各デッキには刻銘呪文として指定されるインスタントかソーサリーが1枚含まれる。刻銘呪文の色は、オースブレイカーの固有色の中に収まらなければならない。この指定はそのカードで示されたオブジェクトの特性ではなく、そのカードそのものの持つ属性である。領域を変更したとしても、そのカードはこの指定を受け続ける。
    • 906.4a 刻銘呪文は、対応するオースブレイカーがオーナーのコントロール下で戦場にあるときにのみ唱えられる。
    • 906.4b 共闘を使う際には、各オースブレイカーはおのおの刻銘呪文を持つ。それぞれの刻銘呪文は自身のオースブレイカーの固有色による制限を受ける。
  • 906.5 オースブレイカー変種ルールにおいては、あるオースブレイカーを使うデッキに入れることが出来るカードを決定するために固有色を用いる。カードの固有色とは、そのカードのマナ・コストルール文章に含まれるマナ・シンボルと、その特性定義能力色指標によって定義される色のことである。
    • 906.5a 固有色は、ゲームの開始前に確定する。
    • 906.5b カードの固有色を決定するに際し、注釈文は無視する。
    • 906.5c カードの固有色を決定するに際しては、両面カードの第2面も考慮する。
  • 906.6 オースブレイカー変種ルールのデッキは以下のデッキ構築ルールに従う。
    • 906.6a デッキには、オースブレイカーと刻銘呪文をあわせてちょうど60枚のカードが含まれなければならない。
    • 906.6b 基本土地以外のカードは、すべてがそれぞれ異なるカード名でなければならない
    • 906.6c オースブレイカー変種ルールのデッキに入れることができるカードは、その固有色の全てがそのデッキのオースブレイカーの固有色に含まれるものだけである。
    • 906.6d 基本土地タイプを持つカードをオースブレイカー変種ルールのデッキに入れる場合、オースブレイカーの固有色に含まれる色のマナを出すものでなければならない。
    • 906.6d デッキにはオースブレイカーと刻銘呪文が入っていなければならない。
    • 906.6f デッキはヴィンテージで使用可能なカードで構成されていなければならない。これには禁止カードは含まれない。禁止カードのリストはoathbreakermtg.org/banned-listで管理されている。
  • 906.7 ゲームの開始時に、各プレイヤーは自分のオースブレイカーと刻銘呪文をデッキから取り出し、統率領域にオモテ向きで置く。各プレイヤーは残りの58枚のカードからなるデッキを切り直し、それをライブラリーとしてゲームを始める。
  • 906.8 開始プレイヤーが決定したら、各プレイヤーは自分のライフ総量を20点にし、7枚のカードを引く
  • 906.9 プレイヤーは、統率領域にある自分のオースブレイカーを唱えることができる。オースブレイカーを統率領域から唱えるには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数ごとに{2}を追加コストとして支払う。この追加コストは俗に「統率者税」と呼ばれる。
  • 906.10 オースブレイカーがどこかから追放されたりオーナーの手札墓地やライブラリーに置かれたりする場合、オーナー代わりにそれを統率領域に置いてもよい。この置換効果は同じイベントに複数回適用できる。
  • 906.11 プレイヤーは、統率領域にある自分の刻銘呪文を、それに対応するオースブレイカーを戦場でコントロールしている限り、唱えることができる。刻銘呪文を統率領域から唱えるには、それ以前にそのゲームの間に統率領域からそれを唱えた回数ごとに{2}を追加コストとして支払う。
  • 906.12 刻銘呪文がどこかから追放されたりオーナーの手札や墓地やライブラリーに置かれたりする場合、オーナーは代わりにそれを統率領域に置いてもよい。この置換効果は同じイベントに複数回適用できる。
    • 906.12a 刻銘呪文が何らかの方法で統率領域でもスタックでもない領域に移動しようとするなら、かわりにそれを統率領域に置く。これは、バイバックのような他の置換効果よりも優先される。
  • 906.13 ゲームの外部のカードを参照する能力は、オースブレイカー変種ルールでは機能しない。
  • 906.14 ルールや効果があなたの統率者を参照するなら、それはかわりにあなたのオースブレイカーを参照する。

[編集] 禁止カード

以下のカードがオースブレイカー変種ルールでは禁止されている。太字統率者戦ヴィンテージで禁止・制限されていないオースブレイカー独自のもの。最新の禁止リストはoathbreakermtg.org/banned-listを参照。

[編集] かつて禁止されていたカード

以下のカードはかつて禁止であったが、いずれも禁止解除されている。

[編集] 参考

QR Code.gif