けちな贈り物/Gifts Ungiven

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gifts Ungiven / けちな贈り物 (3)(青)
インスタント

対戦相手1人を対象とする。あなたのライブラリーから異なる名前のカードを最大4枚まで探し、それらを公開する。そのプレイヤーはそれらのカードから2枚を選ぶ。選ばれたカードをあなたの墓地に置き、残りをあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。


ライブラリーからカード名が異なる4枚のカード探し対戦相手が選んだ2枚以外の残りの2枚を手札に加えるサーチ呪文。その名を冠したけちコントロールの主軸として各種フォーマットで大活躍した、強力なカードである。

手札に来るカードは対戦相手によって決められてしまうし、同じ名前のカードは持ってこられないため、単純に考えれば、デッキの3番目と4番目に強いカードを引っ張ってこられる効果だと言え、一見「相手に選択権のあるカードは弱い」に該当するようなカードのように思える。しかしカードのチョイス次第でそれ以上の活躍が可能である。

もっともよく使われるのは、必要なカード2枚+それを墓地から回収できるカードかそれに直接アクセスできるサーチカード2枚とサーチしてくることで、実質的に必要なカードを2枚サーチできる効果と同等にするプレイング。当時のスタンダードでは永遠の証人/Eternal Witness回収/Reclaim喚起/Recollectなどとコンビを組んだ。ヴィンテージでは、欲しいカード+埋め合わせ/Recoupまたは新たな芽吹き/Regrowthヨーグモスの意志/Yawgmoth's Willとサーチすることができる。またエターナル全般において、コントロールデッキを中心に、壌土からの生命/Life from the Loam土地回顧カードをサーチする使い方も多い。他、ウルザランド2枚と世界のるつぼ/Crucible of Worldsトレイリア西部/Tolaria Westをサーチすることで、3種類のうち2種類をそろえることができるので、既に1枚コントロールしている状況なら3種類が揃う。

特に墓地回収カードを仕込まなくとも、似た役割のカードを4種類(例えば、クリーチャー除去したいときはクリーチャー除去4種類、フィニッシャーが欲しい時はフィニッシャーにあたるカード4種類、など)選んでも、理想の展開に繋げることができる。デッキに似た役割のカードが4種類以上入っている必要はあるが、これなら回収カードを唱えるためのマナが不要となる。リミテッドでも、この使い方であれば十分な効果が期待できるため、入れる価値はある。

また、あえて2枚以下しかサーチしないというプレイングもある。その場合、下記ルールにもある通り、サーチしたカードは必ず墓地に置かれることになるため、いわば2倍納墓/Entombのように使うことができる。例えばモダンの青白トロンでは堀葬の儀式/Unburial Ritesエメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeriaをサーチするためにも使われる。

プリズマティックでは、2004年12月23日より禁止カードに指定された。ヴィンテージでは、2007年6月20日より制限カードに指定されたが、2015年1月23日より制限が解除された(参考/翻訳)。統率者戦では2009年6月20日より禁止カードに指定された(2009年7月1日より司令官戦で禁止)。

[編集] ルール

  • カード名さえ異なっていれば、探すカードに制限はない。
  • 3枚以下のカードを探すことも適正である。その場合、対象となった対戦相手は探したカードから「必ず」2枚を選んで、それらを墓地に置き、残りのカードを手札に加えることになる。
    • 探したカードが1枚である場合は、2枚を選ぶことができないので、その1枚を墓地に置く。
    • 2013年1月のオラクル更新までは探すカードの枚数に「最大」の文言がなかったが、探すカードに条件がついているので、4枚のうちの一部または全部を「見つからなかった」ことにして、「見つかった」カードを3枚以下にすることができた。そのため、機能自体はオラクル更新前から変わっていない。
  • 対戦相手を対象に取るため、2人対戦象牙の仮面/Ivory Maskなどを出されて対戦相手を対象に取れなくなると唱えられなくなるので注意。

[編集] 主なデッキ

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif