Shahrazad

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shahrazad (白)(白)
ソーサリー

プレイヤーは、それぞれのライブラリーを自分のデッキとしてマジックのサブゲームをプレイする。そのサブゲームに勝利できなかったプレイヤーはそれぞれ、自分のライフの端数を切り上げた半分を失う。


アラビアンナイトの語り部である女性のカード化。アラビアンナイトの「作中作」というスタイルに倣い、「ゲーム中ゲーム(サブゲーム)」を作る効果となっている。

これを使うと時間切れが続出するとか。サブゲーム中にさらにこれを使って「サブサブゲーム」をはじめる事もでき、もはや意味が分からなくなる。

だが実際にこのカードを使っても、直ちにサブゲームを投了されてしまうことが多い。凝った使い方をしようにも、結局は投了されても有効なバーンウィニーでなければ難しい。しかし裏を返せば「対戦相手はライフの半分(端数切り上げ)を失う」と書かれた2マナソーサリーとしてのポテンシャルを秘めている。

1994年1月25日より、タイプ1(現ヴィンテージ)およびタイプ1.5禁止カードに指定されていたが、1999年10月1日に解除。その後、タイプ1.5から移行したレガシーでも使用可能であったが、2007年9月20日よりヴィンテージ、レガシーの両フォーマットで再度禁止カードに指定された。

統率者戦においては、開始当初は特例として使用を許可されていたが、2011年9月20日よりこの特例は撤廃されているため使用できない。

[編集] ストーリー

シャハラザード(シェハラザード)/Shahrazadは、アラビアンナイト(千夜一夜物語)に登場する女性。妻の不貞で人間不信となり、毎晩若い処女を殺すようになったシャハリヤール/Shahryarという王がいた。シャハラザードは自ら志願して王に嫁ぎ、世界中の面白い話を語って歓心を引き、千と一夜を経てついに王を改心させた。その数々の話をまとめたものが、現在伝わるアラビアンナイトの書物であるという。

マジックのアラビアンナイトは、上記の話を元にしたラバイア/Rabiahの物語とされている。ラバイアのシャハラザードの詳細は不明である。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif