十字軍/Crusade

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Crusade / 十字軍 (白)(白)
エンチャント

白のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。


マジック黎明期から存在する、の代表的なクリーチャー全体強化カード。昔の白ウィニーデッキ必須の旗。

色拘束こそ厳しいもののわずか2マナと低コストなので、軽量を基本とするウィニー・デッキによく噛み合っている。さらに、白のウィニー・クリーチャーはコスト・パフォーマンスがよく、数も多い。このため他の色のウィニーより、土地を削ってクリーチャーや呪文を増やすことができ、黎明期における白ウィニーのデッキパワーを押し上げる要因となった。

欠点は、対戦相手コントロールする白クリーチャーをも強化してしまうところ。自分のウィニーを強化しているつもりが、対戦相手のクリーチャーを強化してしまっては元も子もない。もしミラーマッチとなってしまった場合、サイドボードに引き下げることにもなるだろう(もっともそれは相手も同様なので、相手のこれを合わせたパワーゲームに持ち込むのも1つの手である)。ちなみに、マスクス・ブロック時代はリベリオンのミラーマッチでこれが頻発した。

第6版を最後に基本セット落ち。その後第8版を選ぼう再録カード候補に上げられるも、栄光の頌歌/Glorious Anthemに敗れる。さらに後の時代にほぼ純粋な上位互換である清浄の名誉/Honor of the Pureも登場した。もはや過去のカードと化した感はあるが、逆に言えばそれだけ数多くの優秀な後継カードを生み出した、偉大な名カードであるということだろう。

[編集] 禁止指定

2020年6月10日より、使用可能な全フォーマット禁止カードに指定された。同時に、公式データベースのGathererからカード画像が削除された(該当ページ)。これはカード内に人種差別的または文化侮辱的描写が含まれていたことによる[1]

  • 告知の記事内では各カードについての詳細な禁止理由は明言されていないが、以下の要素が問題になったと推察される。

[編集] 関連カード

特定の色のクリーチャーに修整を与えるカード。特記しない限りエンチャントで+1/+1修整。太字のみ、対戦相手のクリーチャーにも作用する。どんなクリーチャーでも修整を受けられるタイプは栄光の頌歌/Glorious Anthemの項を参照。

シャドウムーアのしもべ。騎士クリーチャー・タイプを持つ友好色混成カードであり、対応する色のクリーチャーをそれぞれ強化する。

イーブンタイドのしもべ。ホラークリーチャー・タイプを持つ対抗色混成カードであり、対応するクリーチャーをそれぞれ強化する。

基本セット2015の模範クリーチャーサイクル。対応するの他のクリーチャーのP/T強化するとともに、起動型能力キーワード能力得させることができる。いずれも4マナ2/2でアンコモン

その他の条件の亜種。条件が特定のクリーチャー・タイプのものは共同の功績/Shared Triumphの項を、条件が攻撃クリーチャーのものはオークの軍旗/Orcish Oriflammeの項を、条件が飛行クリーチャーのもの順風/Favorable Windsの項をそれぞれ参照。


[編集] 脚注

  1. Depictions of Racism in Magic/人種差別を想起させる描写についての声明(News 2020年6月10日 Wizards of the Coast著)

[編集] 参考

QR Code.gif