Time Walk

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Time Walk (1)(青)
ソーサリー

あなたは、このターンに続いて追加の1ターンを行う。


パワー9の1枚。たったの2マナ追加のターンを得られるソーサリー

シンプルな効果でありながら非常に多くの利用法があり、またこの軽さによってそれらの有効性が格段に増している。

同じパワー9のAncestral Recallと比べ「爆発力で劣るが総合力で勝る」といった評価も見られる。新たに得たターンドローを考えれば事実上のキャントリップでもあり、カード・アドバンテージを失わないのも嬉しい。

1994年1月25日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードに指定される。タイプ1.5では制定当初から禁止カードで、2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでも続けて禁止カードに指定されている。

[編集] 利用

[編集] 開発秘話

パワー9の一角だけあって、リミテッド・エディションのテストプレイ段階での数多くの逸話がある。

  • ターンを得る効果は「Your opponent loses next turn(あなたの対戦相手は次のターンを失う)」と書かれていた時期があった。このテキストが「あなたの対戦相手は次のターンに敗北する」と誤読されたため、文面が変更されることとなった。[1][2]
  • にも同じ点数で見たマナ・コストで同様の効果の「Starburst」というカードが作られていた[1][3]
  • プレイテスト時のカードを見る限り、一時期、を1つ失うペナルティが設けられていたようである[3]
  • テストプレイのガンマ段階では、Ancestral Recallとともにコモンに設定されていた。強すぎた青を弱体化させるため、異様なカードパワーを持つこれら2枚はレアに変更された。[1]

[編集] イラスト

リミテッド・エディションアンリミテッドイラストには、3体の肉付きの骸骨が描かれている。様々な想像をかきたてる不思議な構図となっており、アーティストAmy Weberを代表するイラストの1つとして挙げられる。

ヴィンテージ選手権11では、優勝者Mark Hornungに新規描き下ろしイラストのTime Walkの額が贈られた[5]イラスト)。このイラストはMagic OnlineキューブドラフトVintage Mastersでも採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] その他

  • このカードとAncestral RecallTimetwisterの3枚をビッグ・ブルーと呼んだ。ただこの通称は、同名のデッキができてからはあまり使われていない。
  • その昔、カナダでカードの偽造団が逮捕されたことがあるが、彼らの偽造したカードのうち最も多く製造されたのがこのカードだった。
  • 最古のカードの1つでありながら、初版のルール文章と現在のオラクルが全く同じという数少ないカードである。

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 The Creation of Magic: The Gathering/マジック:ザ・ギャザリングのはじまりDaily MTG
  2. Avacyn City, Part 1/アヴァシンの街、その1Daily MTG
  3. 3.0 3.1 Alpha Playtest Cards: More!Daily MTG、英語)
  4. Card of the Day 2008/12/15Daily MTG、英語)
  5. 2011 U.S. National Championship - Day 1 BlogDaily MTG、英語)
  6. Un-Seen/アンの視点Daily MTG

[編集] 参考

QR Code.gif