統率者ダメージ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

統率者ダメージ/Commander Damageとは、統率者戦において、統率者によってプレイヤーに与えられる戦闘ダメージのこと。

いずれかのプレイヤーが同一の統率者から21点以上の統率者ダメージを与えられている場合、そのプレイヤーはゲーム敗北する。これは、統率者戦における追加の状況起因処理である。

統率者は領域を移動しても統率者であるという性質を失わないため、統率者が領域を移動してもこの点数はリセットされることはない。また、ライフとは無関係の値であるため、ライフが増えたとしても与えられている統率者ダメージの累計値が減らされることはない。

統率者ダメージは、特定のプレイヤーと統率者の組み合わせごとに集計される。複数の統率者からの統率者ダメージを合計して21点以上になったときに敗北するのではなく、ある統率者によって与えられた統率者ダメージの値が21点以上になったときに敗北する。

  • 統率者ダメージは、実際に何点のダメージが与えられたかを見る。軽減移し変え効果が存在する場合には、その影響を受ける。
  • 統率者を誰がコントロールしているかは問わない。戦闘ダメージを与える時点でのコントローラーが異なっていても、同じ統率者からの統率者ダメージであればその値は累計される。
    • 自身の統率者が他のプレイヤーにコントロールされ、その統率者からの統率者ダメージによって敗北することも起こり得る。
  • 解放された者、カーン/Karn Liberatedの3つ目の忠誠度能力は現在のゲームを終了し新しくゲームを開始するため、統率者ダメージはリセットされる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif