共闘

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
共闘/Partner
種別 常在型能力
登場セット 統率者2016
CR CR:702.123

共闘(きょうとう)/Partnerは、統率者2016で登場したキーワード能力統率者戦用のデッキ構築するときに機能する常在型能力である。


Vial Smasher the Fierce / 激情の薬瓶砕き (1)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — ゴブリン(Goblin) 狂戦士(Berserker)

あなたが各ターンのあなたの1つ目の呪文を唱えるたび、激情の薬瓶砕きは無作為に選んだ対戦相手1人にその呪文の点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)

2/3


Kydele, Chosen of Kruphix / クルフィックスに選ばれし者、キデール (2)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(T):このターンにあなたが引いていたカード1枚につき、あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)

2/3

[編集] 定義

共闘/Partnerは、統率者戦フォーマットのデッキ構築のルールを修整する能力であり、ゲームの開始前に作用する。伝説のクリーチャーカード2枚がそれぞれ共闘を持っているなら、あなたはそれら2枚を統率者として指定してもよい(共闘を持つのが片方だけでは不可)。あなたの統率者の固有色を参照するルールや効果は、あなたの統率者2枚の固有色の組み合わせを参照する。

あなたのデッキには、統率者2枚をあわせてちょうど100枚のカードが含まれなければならない。両統率者は、ゲームの開始時点で統率領域に置かれている。

あなたのデッキの固有色を決定する際を除き、統率者2枚は独立に機能する。共闘を持つ統率者1枚を唱えるときには、あなたの他の統率者が唱えられた回数は無視する。プレイヤー1人が同一の統率者によって21点以上の戦闘ダメージを与えられているかどうかを判定するときには、あなたの統率者2体のそれぞれからのダメージをそれぞれ個別に扱う。

あなたの統率者が2枚ある間に、何らかの効果があなたの統率者を参照するなら、それはいずれか1枚を参照する。何らかの効果があなたに、あなたの統率者に関して何らかの処理を行うように指示し、それが両方に影響し得るなら、その効果の適用時に、あなたはそれが参照するものを選ぶ。

[編集] 解説

統率者を2枚指定できるキーワード能力。デッキの固有色は2枚の色の組み合わせで決まるため、これまで統率者がほぼ固定だった3色以上の色の組み合わせでも多様な統率者で組むことができる。

統率者2016では友好色2色の伝説のクリーチャーが各1種計5枚、対抗色2色の伝説のクリーチャーが各2種計10枚収録されている。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif