Time Vault

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Time Vault (2)
アーティファクト

Time Vaultはタップ状態で戦場に出る。
Time Vaultはあなたのアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
Time Vaultがタップ状態である間にあなたがあなたのターンを始める場合、代わりにあなたはそのターンを飛ばしてもよい。そうした場合、Time Vaultをアンタップする。
(T):このターンに続いて追加の1ターンを行う。


マジック最初の「ターンを増減させる」カードで、要はターン貯蔵機。次のターンを失う(貯める)代わりに、後にそのターンを呼び戻せる、という感じ。「自分だけが2ターン連続で行動」できる効果は強いが、それを行うためにまず「対戦相手だけが2ターン連続で行動」を先に実施させてしまうので、単純には使いづらい。

しかし、これの位相を恒久的に操作する方法があれば、無限ターンを容易に得ることができ、恐るべきカードパワーを発揮する。そのため、エラッタと悪用法の考案がいたちごっこのように繰り返された。

タイプ1(現在のヴィンテージ)では1994年1月25より制限カードに指定され、1995年3月23日より禁止カードに指定される。その後1996年4月1日に後述のエラッタ#1度目のエラッタ)が出され、同時に禁止カード指定を解除された。その後、2008年9月24日で元の機能に戻す(#4度目のエラッタ)ため、2008年9月20日より再びヴィンテージで制限カード、レガシーで禁止カードに指定された。

[編集] エラッタ

エラッタが複数回出たカードであるが、その度に悪用する方法が考えられた。以下では、それぞれのエラッタと悪用方法を述べる。

[編集] オリジナル

オリジナルのテキストは現代風に直すと以下のようなもの。


旧オラクル

Time Vault (2)
アーティファクト

Time Vaultはタップ状態で戦場に出る。
Time Vaultはあなたのアンタップ・ステップの間に通常のアンタップはせず、あなたのターンを飛ばすことでアンタップする。
(T):この後に追加のターンを得る。


[編集] 1度目のエラッタ

簡単なターンの獲得を防ぐため、1996年4月にturnカウンターを使用したテキストに変更された。


旧オラクル

Time Vault (2)
アーティファクト

Time Vaultはタップ状態で場に出る。
Time Vaultはあなたのアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
Time Vaultがタップ状態でturnカウンターが置かれていない場合、あなたのターンを飛ばすことでTime Vaultをアンタップし、その上にturnカウンターを1個置く。
(T):Time Vaultからturnカウンターを取り除くことで、次の通常のターンの前に追加ターンを得る。


[編集] 2度目のエラッタ

「ターンの間」の抜け道を塞ぐため、1998年2月に以下のエラッタが出された。


旧オラクル

Time Vault (2)
アーティファクト

Time Vaultはタップ状態で場に出る。
Time Vaultはあなたのアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
あなたの次のターンを飛ばす:Time Vaultをアンタップし、時間カウンターをTime Vaultの上に1個置く。
(T),Time Vaultからすべての時間カウンターを取り除く:この後に追加のターンを得る。この能力は、Time Vaultの上に時間カウンターが置かれている場合にしかプレイできない。


  • 炎の一斉攻撃/Flame Fusilladeと、無限ターンではない別の側面での無限コンボができる。このテキストでは「ターンを飛ばしてこれをアンタップ」という能力に使用制限がなく、これのアンタップは何度でも行えるため、何度もアンタップさせてダメージを無限に与えることができた。もちろんその分ターンを失うが、飛ぶ前に勝負がついていれば問題ない。このため、エターナル環境で高確率で1〜2ターンキルが発生することも懸念されたのか、ディセンション発売に伴い再びエラッタが出ることになり、このコンボは現在では成立しない。→Ask Wizards参照
  • 煙突/Smokestackに2つ以上のカウンターが乗った状態で延々と自分のターンを飛ばしていくことにより、相手のパーマネントを消すコンボが可能であった。現在は下記の2006年7月のエラッタによりターンを飛ばし続けることができなくなったため、そのままでは成立しない。

[編集] 3度目のエラッタ


旧オラクル

Time Vault (2)
アーティファクト

Time Vaultはタップ状態で場に出る。
Time Vaultがアンタップ状態になる場合、代わりに以下の2つから1つを選ぶ。「Time Vaultをアンタップし、あなたの次のターンを飛ばす。」「Time Vaultをタップ状態のままにする。」
(T):このターンに続いて追加の1ターンを行う。


2006年7月にエラッタが再び出された。アンタップ状態になるときに、タップ状態にしたままにするかアンタップして次の自分のターンを飛ばすかを選ぶ置換効果になり、さらにタップするだけで追加のターンを得られるようになった。そして、カウンターも必要なくなった。

[編集] 4度目のエラッタ

機能的には一番初期のものに戻った。もちろんのことながらフェイズ・ゼロ問題はルールレベルで対策されている。

[編集] 関連カード

このようにエラッタしてもエラッタしてもその都度悪用法が考案されるいわく付のカードであり、現在ではターン操作を行うパーマネントは慎重にデザインされるようになった。

以下はその一例。

[編集] 参考

QR Code.gif