Library of Alexandria

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Library of Alexandria
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):カードを1枚引く。この能力は、あなたの手札にカードがちょうど7枚ある場合にのみ起動できる。


マジック黎明期におけるパワー9に匹敵する力を有していたことで、後の人によってパワー10として特別に仲間入りを果たすことを許されたカード。引けば勝てるという意味を込めて「I Win」というあだ名をつけられていた。→(The Power Nine

実質1マナでカードが引けるぶっ壊れた土地能力手札がちょうど7枚でないと起動できないため一見使いにくそうに見えるが、ヴィンテージでは様々な手札補充方法があるため、意外にあっさりと達成できてしまう。手札を必要とするコントロールデッキパーミッションなら必ず入るだろう。また一度でも起動できる体勢に入ると、自身の能力で手札を7枚に維持しやすくなる点も重要。

またドローサポードカードはもちろんのこと、各種教示者との相性も抜群である。引く能力に対応して教示者を唱えることで、サーチしたカードを即座に手札に入れることができる。

  • 起動時に手札が7枚であればよいのであって、解決時の手札の枚数は問わない。そのため、複数枚をコントロールしていたりアンタップする手段があったりすれば、複数回起動して複数枚のカードを引くことも可能。
  • 精神力/Mind Over Matterを使うと手札を半無限に入れ替えできる。
  • 能力的にはもちろん、場所柄からも「伝説の土地」に相応しいが伝説ではない。
    • そもそもこのカードの登場はレジェンド・ルールの登場前である。
    • 紀元前300年頃、エジプトのアレクサンドリアに建てられた実在の図書館、アレクサンドリア図書館がモデル。数十万の蔵書を誇ったといわれるが、破壊や略奪に遭い、残念ながら現存していない。
  • 漫画「デュエル・マスターズ」の第1話で、主人公の切札勝舞がNACとの対決において最初にプレイしたカードがこれ。ギャラリーからは「禁止カードだ!」と総ツッコミが入った。ちなみに使用していたデッキはThe Deck

1994年5月2日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードに、タイプ1.5禁止カードに指定された。2004年9月20日にタイプ1.5に代わってレガシーが創設された後も、引き続き同フォーマットの禁止カードとなっている。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif